「太陽の炎」「電脳砂漠」ジョージ・アレック エフィンジャー



太陽の炎 (ハヤカワ文庫SF)
ジョージ・アレック エフィンジャー 浅倉 久志
4150109133
電脳砂漠 (ハヤカワ文庫 SF (992))
ジョージ・アレック・エフィンジャー 浅倉 久志
4150109923

3部作、読み終わった。
1作目の「重力が衰えるとき」は初めての作者なので、お試し的な感じで読んだ。
良かったので、残り2冊は一気読み。
当時読んでいたらもっと衝撃的だったか、難しくて理解できなかったかなぁ。

SFの要素をアラブに持っていくという発想が斬新。サイバーパンクとイスラム。
かけ離れているようで意外とシックリ。
生活習慣とか宗教とかイメージでしか知らないけれど、違和感なく読めた。
ミステリー、ハードボイルドの要素もありワクワク。
今読んでも色褪せない名作だろう。

主人公のマリードがだんだんいい人になっちゃうんだけど
事件に巻き込まれて解決していくうちに成長している姿に応援したくなってくる。

敵同士の腹の探り合いなのに、ちゃんと挨拶を交わしたりお祈りしたり。
マリードを取り巻く人々もキャラが濃くて愛着が沸いてしまう。

作者は病気を抱えていて早くに亡くなり、続編も書かれなかった。
出版数も少ないのが残念だ。

浅倉久志氏の訳、表紙はひろき真冬氏。ザ・SFだよなぁ~
また数年後に読み返したい。

テーマ : SF小説
ジャンル : 本・雑誌

「証言UWF 最後の真実」

証言UWF 最後の真実
前田 日明 藤原 喜明 山崎 一夫 舟木 誠勝 鈴木 みのる
4800271231「1984年のUWF」に対抗して出版された? そっちはあまり評判が良くないようなので未読。こちらは関係者へのインタビューで構成されている。

私はドストライクな世代ではなく、このあとの分裂したパンクラスやUインターが好きだった。リングスは嫌いだった。理由は前田氏とパンクラスが不仲だったので。もう彼らが和解しているし、私も踊らされていて洗脳されていたような状態だったから拘りはない。

読み終わっての感想は、一つの事実に対して、想いや言い分が人の数だけあるので正解はない。それぞれの角度で見たら、正義だと思っていたことも悪だったりする。言った言わないもあるし。記憶って薄れたり歪曲するし。

あきらかな悪者、トラブルメーカーもいるけど、みんな若くて未熟な青春時代だったんだろうなぁ。だから勢いがあって魅力的だったんだろう。高田さんのインタビューも読みたかった。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「エヴリブレス」瀬名秀明

エヴリブレス
瀬名 秀明
4887451954彼の作品は何冊か読んできたが、お気に入りになる作品と共感出来ずにイマイチ…とに分かれる。集めたくなるような作家って、とことん好きになるんだけど、この人はうーんって感じ。

久しぶりに手にした作品も中盤くらいまではその設定の面白さに引き込まれたが、バーチャルな世界と現実の世界とがリンクしてゆくんだけど、それに違和感。「世界の果て」というテーマが最初にあったんだけど、それの答えもしっくりこない。

9年ほど前に出版されているので、その当時だったらもう少し共感できたかなぁ。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「死のドレスを花婿に」ピエール・ルメートル

死のドレスを花婿に (文春文庫)
ピエール・ルメートル 吉田恒雄
B00V7Y7DWG「オラクル・ナイト」でグッタリしたあとにピエール・ルメートル。
今まで読んだ中ではグロい描写が控えめだったけれど、主人公のソフィーの転落っぷりと鬱状態に引っ張られて気分が滅入った。精神的にやられる。

しかし、どんなに気持ち悪い殺戮の描写があっても、気が滅入る内容でもストーリーに引き込まれて読んでしまうんだよね。どんでん返しに驚き、結末が気になって気になってしまう。

今回もまさかそんなことが!?という仕掛け。ソフィーが可哀そう過ぎる。鬱の原因となった薬から脱したあとの彼女の活躍はスカッと爽快。そしてタイトルの意味が最後になって分かる。フランツの行動が誰にも怪しまれないって設定はちょっと厳しいかなぁ。とは思った。

グロい描写が苦手な私がハマってしまう面白さ。
今回は一応ハッピーエンド?なので、読感も悪くなかった。

インパクトがあるので、一度読んでしまうと結末が頭に残るので再読はないかなぁ。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク