「ミラクル」辻仁成

ミラクル
少年アルはジャズピアニストのパパと旅をしながら生活をしている。アルはママを知らない。アルの出産と引き換えに死んでしまったからだ。ママの死を受け入れられないパパは「ママは世界中を旅して歌うシンガーなんだ。忙しいんだ。雪が降ったら帰ってくるよ。」と言う。

アルはママを探している。街に出てママを探す。
親子連れの女性に問う。「おばさんは僕のママじゃないですよね」
ある時は女性の後を付けて家に入り込み追い出される。

ママは「許してくれる人」だと聞き、婦人にいたずらをする。
そして「おばさんは僕を許してくれる?」と問う。

ある日、同じくらいの年頃の女の子に出会う。彼女は「あなたのママは死んでる。私もそうだった。ママにパパは生きてるって ずっと言われてた。」と言われるが、認めたくないアルは苦悩する。

そしてクリスマスイブの朝、その街に30年ぶりに雪が降った。「ママが帰ってくる!」とはしゃぐアルと、困ったなぁ…のパパ。その夜、奇跡が起こる…


辻さんの文章と望月通陽さんのイラストの組み合わせが大人の絵本といった感じで、ページを捲るごとに心に染み入ってくる。でも、感動した!まで感じられない荒んだ私の心。そういえば、本を読んで最後に涙したのはいつだろう…

読んだ時期が季節外れだったかな。この作品は冬に読んだ方が最後の雪のシーンにグッとくるだろうと思う。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「母なる凪と父なる時化」 辻仁成

母なる凪と父なる時化
高校一年生の僕は、学校でイジメにあい登校拒否をしていた。父親の天気で函館に転校し、自分と顔がそっくりなレイジと出会う。レイジは不良だったが、意気投合し、つるむようになる。密漁や喧嘩、お酒…青春の1ページ的な物語。

舞台が函館の為だろうか。何となく薄暗くて気が滅入るような話しだった。若い時は訳も分からないエネルギーが沸々としているのかな…特に男子は暴力とか性欲とかやり場のないものがあるかな。

「グラスウールの城」 辻仁成

グラスウールの城
「グラスウールの城」と「ゴーストライター」の2編が収められている。

「グラスウールの城」は、レコード会社で働くディレクターの話し。長く勤めて会社にも貢献する実績を残してきたのに、ある日異動を言い渡される。落ち込んでいたところ、仕事で知り合った男と流氷鳴りの音を録りに行くことになるのだが…。音楽業界にいた辻さんならではの音についての物語だ。

「ゴーストライター」は、タレント本のゴーストライターをしていた男が離婚し、精神科に通っているのだか、締切が過ぎても書けず行き詰っていく。物語の最後でランニングに出かけるのだか、どこまでもどこまでも走り続ける。

両方とも新しい一歩を踏み出すのかな?と思うのだが、あまり明るさを感じないのはなぜだろう。このまま自殺してしまうのではないだろうか…とも感じてしまう薄暗さがある。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「音楽が終わった夜に 」 辻仁成

音楽が終わった夜に
本を少し処分するつもりで、辻さんの本を何冊か再読していたのだけれど、読んでるうちに処分するのが惜しくなってきた。何年後かに読み返したら、また違った感じ方をして面白そうだな、と思ってきた。

この本はおそらく購入した時に読んだきりなので、18年ぶり?くらいに手にした。そのわりにはずいぶん綺麗だな。表に出てなかったからだな。

辻さんの音楽についてのエッセイ。エコーズ結成前の秘話や、当時の音楽業界の事、尖がってたバンド時代、執筆していた当時の音楽との向き合い方などが書かれている。彼の文学小説しか読んでないと、なんてヤンチャでくだけた表現をする人なのだと驚くかもしれない。

エコーズがデビューした頃はまだバンドブーム前で、混沌としていた荒くれの時代。彼は文壇の先生じゃなくて「ロッカー」だったんだもの。尖がっててカッコ良かった。シングルファザーとして奮闘している今も悪くないけどね。

「ダリア」辻仁成

ダリア


6年ぶりの再読。
前回の感想。
http://bookbookman.blog20.fc2.com/blog-entry-294.html
この時点で辻さんが作家20周年。26周年になったわけか。

表紙の不気味さがこの物語にピッタリ。

ダリアという青年がとある家庭の妻と関係を持ったことから始まり、次第にその家族を惑わし信頼を得て住み着いてしまう。彼は何者なのか。悪魔と呼ばれることもあるが、天使?男なのか女なのか?

官能的なシーンもあるが、ダリアが人間の形を保たずゼリーのような形態に変わり気持ち悪い。不快感。

しかし最後にダリアの独白のような記述を読んでいると、この世のものではない超越した存在を感じられるような気分に。また自分が年を重ねて何年後かに読み返したら少しは理解が深まるかな。
スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク