「シルトの梯子」グレッグ・イーガン

シルトの梯子
2万年後の遠未来。量子グラフ理論の研究者キャスが“ミモサ研究所”で行った実験は、まったく新たな時空を生み出してしまう―それから数百年後、人類はその生存圏を侵食し拡大し続ける新たな時空の脅威に直面し、生存圏の譲渡派と防御派が対立していた。両派共有の観測拠点“リンドラー”号にて、譲渡派のチカヤは幼なじみのマリアマと再会し動揺する…深刻な対立と論争の果てに人類が見たものは!?



ザックリ説明すると
舞台は2万年後の未来。実験で生み出された新しい時空が、人類の住んでいる空間を侵食し始めた。譲渡派と防御派に分かれてその浸食を食い止めようとするのだが…。

イーガンの長編は、小難しくて理解できない…。でも「白熱光」や「ディアスポラ」が読めたなら今作も楽しめるかと思う。ぼんやりでも何となく感覚を掴んで読めればOK。

スケールがデカすぎるし、量子論なんてチンプンカンプン。巻末に物理の解説があるのだけれど、それを読んでもさっぱり…。そんな中、主人公チカヤの少年時代に父親が説明してくれた「シルトの梯子」がとっても分かりやすかった。子供向けレベルで解説して欲しいわ…描かれている内容をイメージしてもおそらく合ってないと思うけど、それでも超面白い!と感動してしまう不思議。

2万年も経ってるのに人間臭さがバリバリで、恋愛したり敵対したり悩んだり。イーガンが好きなのは、ゴリゴリハードSFだけどヒューマニズムが失われておらず、人間模様にホロリとさせられちゃうとこ。そして未知の超未来の宇宙へ連れて行ってくれるとこ!

人には薦めにくいけど、猛烈に薦めたくもなる!作品。作家だ。

テーマ : SF小説
ジャンル : 本・雑誌

「TAP」グレッグ・イーガン

TAP (河出文庫)
グレッグ・イーガン 山岸真
B01HBBAGL8イーガンの短編集は読みやすくて好きなので、内容確認せずに購入した。
読んだことあるのが多いなぁ…でもまぁ面白い。

レビューを書こうと調べものしてたところ、既に発売されていたソフトカバーの文庫化されたものだと知った(遅いw)。読んでるはずだ。しかも収録作も全く一緒。

当時読んだ時のレビュー
http://bookbookman.blog20.fc2.com/blog-entry-138.html

お気に入りも今回と一緒。
「銀炎」と「TAP」。さすが私(笑)。
でも前回読んだのが9年前。再読という事でいいかな。

初期の頃の作品が多く、SFと言うよりもモダンホラー?とか、今のイーガンと比べるとらしくないように感じたりもする。イーガンの短編って読みやすくて ほんわかするような作品もあるけど、これは後味があまり良くはない。

昔の長編も再読チャレンジしてみようかな。


「新・口笛テスト」
「視覚」
「ユージーン」
「悪魔の移住」
「散骨」
「銀炎」
「自警団」
「要塞」
「森の奥」
「TAP」

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「ゼンデギ」グレッグ・イーガン

ゼンデギ (ハヤカワ文庫SF)
グレッグ イーガン 山岸 真
B010COOELY待望のイーガン。前評判で非常に読みやすいとの声多数。途中で難しくなるかなぁ…とも思ったけど、最後まで読み飛ばしたり挫折もなく読めた。ある意味イーガンらしくないが、中短編で感じた読みやすさと人間の感情が伝わってくる温かみ、親しみやすさがあり、好き。

妻を事故で失い、病気で先の長くない主人公のマーティン。息子の為に自分の人格をヴァーチャルに残して見守りたいとするも、課題を残したまま亡くなってしまい…。結局どうなったのが全く分からないが、続きがあるのだろうか。こういうラストは嫌いじゃないけど、もう少し欲しかったなぁ。

マーティンのいい父親っぷりや苦悩の描き方が良かったし、息子も可愛い。マーティンの周りの人たちもいい人。ヴァーチャルな技術も想像の範囲を超える難しいものではなかったし、近い将来、可能になるのでは、と感じさせた。

でもやっぱり夢は見たいけど、自分をダウンロードして永遠に生きる(生かされる、何度も再起動される)事は、本当に自分の体験なのか、魂は?なんて問題はあるのだろうな。「ディアスポラ」みたいに果てしない進化と旅までは行かなくても、生きてる間には間に合わないものは色々見てみたいなぁ。

追記
あとがきに、読み終わったら最初に戻って第一章を読み返すといい、とあったので、少し読み返してみた。マーティンって最初はこんなだったな~って遠い昔のように思い出す。また数年後にでも再読してみたいな。

「白熱光」グレッグ・イーガン

白熱光 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
グレッグ・イーガン Rey.Hori
4153350125待望のイーガン!
いつもそうなんだけど、難しくて理解出来ない事も多いのにメチャメチャ面白い!数学とか科学とかちゃんと理解出来たらもっと面白く読めるんだろうな~と思いつつも、今の状態でも十分に楽しめた。でも、もっと自分の頭の中のイメージが鮮明になったらいいのに。

2つの物語が交互に進んでいくんだけど、繋がりがありそうでなさそうで…我慢出来ずにあとがきの解説を読んでしまって、いいヒントにはなったけれど、もっと解説が欲しい(笑)

イーガンの描く未来まで生きることが出来たらいいのに。毎回思う。ひたすら壮大で美しく愛を感じる物語。

イーガン最高!

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

「プランク・ダイヴ」グレッグ・イーガン

プランク・ダイヴ (ハヤカワ文庫SF)
グレッグ・イーガン 鷲尾直広
4150118264文庫になるのが待ちきれなくて、SFマガジンに掲載された時に買って読んでしまった作品もいくつか。長編よりは読みやすいけど、やっぱり難しくてでも面白い。

「クリスタルの夜」人工生命体を育てていく中での話しなんだけど、どこかで読んだことある?ようなSF。でも、あくまでクールにラストもなんだか痛快。タイトルがキラキラでステキ。

「エキストラ」お金持ちのおっさんがクローンを使って永遠に生きようとする。なんだかイーガンっぽくない。でも最後に突き放したとこは「クリスタルの夜」と同じ。
TVドラマ化されたそうだ。他の作品が映像化されたらどんな感じになるんだろう??まだ表現できる技術がないかなぁ。

「暗黒整数」この中で好きな作品のひとつ。争いを回避するには接触出来ないようにするしかないっていう、異星人との交流にワクワクしてしまう自分としては、ちょっと切ない結末。

「グローリー」他の惑星に数学理論の探索行く話し。設定が少し違っていたら、こういう話って他にもありそうなんだけど、やっぱりイーガン。

「ワンの絨毯」 「ディアスポラ」に組み込まれている一遍。「ディアスポラ」は難しくて他の人に感想をうまく伝えられない面白さな作品なんだけど、やっぱり難しくてでも面白い。異性生命体というか知性生命体というか、今後あるとしたら宇宙人、異星人じゃなくてこういう形なんじゃないかと本気で思えてしまう。

「プランク・ダイヴ」ブラックホールへ突入する話し。どこだかで似たような話しを読んだんだけど気のせいだろうか??

「伝播」本邦初訳。無人探査機が発射される。ここまでは良くある話し。その後、自分たちの意識だけをそこに送り込む。簡単に何光年も先に行けてしまうのも夢のある話だけれど、新たに惑星を開拓してくのって原点だよね。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク