「グミ・チョコレート・パイン」大槻 ケンヂ

グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫)
大槻 ケンヂ 江口 寿史
4041847079


グミ・チョコレート・パイン チョコ編 (角川文庫)
大槻 ケンヂ 江口 寿史
4041847109


グミ・チョコレート・パイン パイン編 (角川文庫)
大槻 ケンヂ 江口 寿史
4041847141


若い子に好きだった大槻ケンヂ。筋肉少女隊というよりもサブカル語ったり作家だったりする彼が好きだった。
引っ越しの時に何冊か処分し、今回も処分するつもりで残ってた3冊を再読。
グミ編からパイン編の完結まで年数が経っているのもあり、最初はこんなもんか~青春だな~なんて読んでたけど、パイン編は上手くなっていて、思わず引き込まれてしまった。みんなポジティブな思考になっていて読んでいて暗くならないし、疾走感もあって映像が目に浮かぶよう。実際、漫画化されたり映像化されたそうだ。

私も若い頃にバンドやってたし、クラスメイトはくだらなくて、自分が好きな本やバンドの世界に浸っていれば幸せ、理解なんてされなくていいと思ってた。一緒にバンドやってた友達のうちで酒盛りしたり、スタジオで練習して帰りにワイワイ飲んだり。懐かしい。

でも私にはもう必要がない昔々のほろ苦い思い出。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「大槻ケンヂが語る江戸川乱歩 私のこだわり人物伝」大槻 ケンヂ 江戸川 乱歩

大槻ケンヂが語る江戸川乱歩 私のこだわり人物伝 (角川文庫)
大槻 ケンヂ 江戸川 乱歩
4041847214大槻ケンヂが江戸川乱歩の作品について語るだけのものかと思いきや、「鏡地獄」「押絵と旅する男」「踊る一寸法師」「人でなしの恋」が収録されている。

大槻ケンヂの解説が真面目過ぎて面白みに欠けるが、大ケン&乱歩の入門書としては丁寧でいいかも。




私も例にもれず、小学生の頃にポプラ社の怪人20面相を読んだのが、江戸川乱歩との出会い。あのシリーズは大好きだったなぁ。

そして学生時代に子供向けの作品だけではない事を知り、何冊か背伸びして読んだ。
多感な時期だったので、鬱々とした暗さや狂気に若干影響された記憶もある。
「黒蜥蜴」「陰獣」の映画を見に行って気分が悪くなった事も。

いつだったか。
電車で「蟲」を読んでいた時に、蟲、蟲…の文字に気分が悪くなってしまい、それ以来乱歩の作品が読めなくなってしまった。そして引越しの時に本を全部処分してしまった。

数年後に本屋で短編集を見つけ、読んだ事のない作品があったので何気なしに購入。
トラウマは払拭されて今に至る。


見てはいけないものを覗き見るような感覚や、異常性のある登場人物たちに恐れを抱きながらも魅了されてしまう。あとは大正のレトロな雰囲気がステキだったり。

もう大丈夫だと思うので、そろそろ長編にも挑んでみようか。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「神菜、頭をよくしてあげよう」大槻 ケンヂ

神菜、頭をよくしてあげよう (角川文庫)
大槻 ケンヂ
404184715X大槻 ケンヂにしてはさほどハードではないエッセイ。難しい事考えずに読めるからいい。ストレスやイライラから解放されてユルユルとした気持ちになれる。
彼みたいな知識も音楽の才能もないけど、若い頃の自分は他人とは違う!!と力んで、いろいろな情報を収集したり、1人で体験して楽しんでいたはずだ。もっと自分を楽しみたいなと感じた。

「リンダリンダラバーソール」大槻ケンヂ

リンダリンダラバーソール (新潮文庫)
大槻 ケンヂ
4101429278「筋肉少女帯」がメジャーデビューし、ブームの波に押し流されながらも、もがきながら生きてきた大槻 ケンヂが、当時を振り返り熱く語るエッセイ。

バンドブームの只中にいた彼と、それを見ていたファンである自分と、立場は違えど同じ時代にあの熱を通過した者としてたまらない一冊。
当時、中高生だったけど、多感な時期に多くの音楽に触れ、一時は自分でもギターを練習して、バンドを組んでいた事もある。

とにかく無茶もしたし恥ずかしい思い出もあるけど、楽しい時期だった。

懐かしいバンドやアーティストの名前が出てくる度に、埋もれていた記憶が蘇ってきたり「そんな事があったんだ!」と言う裏話的なものも読めて、一気に読んでしまった。

ここ数年、当時活躍し、解散したバンドが復活する、したニュースをいくつも耳にしている。
私が好きだったバンド、アーティストの復活もあり、個人的にも喜んでいる。
でも、あのブーム再来は求めていないが、いい音楽がきちんと評価され、アーティストも自分達のやりたい事がきちんと出来る環境で活動が出来て、多くの人に音楽が届けばいいな と思う。

当時を知る人も知らない人にも、読んでもらいたい一冊です。

テーマ : **本の紹介**
ジャンル : 本・雑誌

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク