「PLUTO」浦沢直樹、 手塚治虫

PLUTO (1) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹 手塚 治虫
4091874312引越ししてから開けてなかったダンボールを開封。読みたかった浦沢直樹の漫画を取り出した。

久しぶりに一気読み。1冊ごとに泣けてしまう…
特にこの1巻が大好き。ノース2号の話しはもう(涙)

SF好きの私だけれど、イメージする近未来ってSF映画のようなイメージじゃなくて、手塚治虫が描く世界。人やロボットの関係が優しくて、建物とかも少しレトロだったり。

そのイメージを原作に忠実に、でも浦沢直樹の作品として描かれた「PLUTO」は本当に私の理想の未来。
大好きな作品。

争いの絶えない世界中の人達に読んで欲しいなぁ。

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

「PLUTO 4」浦沢直樹

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)
浦沢 直樹 手塚 治虫
4091810063短期間に何度も何度も読み返している漫画は、これが始めてかもしれない。新刊が出るまでの間隔が長いので、出ると一巻から読み返し、手塚治虫の原作「地上最大のロボット」も読み返す。

原作との繋がりを発見するのも楽しいし、複雑に絡み合った糸が少しづつほぐれて「なるほど!」と解った時の楽しさもあるし、噛めば噛むほど・・・ならぬ、読めば読むほど、深みが増してゆく。

どのキャラクターも(特にロボット)原作とは違った姿をしているのに、浦沢直樹が描くと、そのキャラーと違和感がなく、また、彼のキャラにもなっているから不思議だ。どのキャラもとても愛おしい。
3巻の感想でも書いているけれど(ここ)、ますます、私にとって大切な大好きな作品になりそうだ。

4巻にきて、少しづつ謎が明らかになり、新たな謎も増え、登場人物も揃って来た様に思うが、まだまだ複雑で難解。早く続きが読みたい!

「PLUTO 3」浦沢 直樹

PLUTO 3―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (3)
浦沢 直樹 手塚 治虫
4091802370好きな漫画はたくさんあるし、お勧めしたい漫画もたくさんあるけれど、こんなに大切にしたい、素晴らしいと思える漫画は初めてかもしれない。

手塚治虫も浦沢直樹も好きな漫画家。
さらに私はSF好きなので、「SF」と呼ばれるものが、映画化したり漫画で描かれる時は、自分の中にある世界観とかみ合わない事が多く、ガッカリする事が少なくない。

先日読んだ、瀬名さんの「ハル」が私の中にあるSFの世界観や感覚に非常に近く、気持ちが溢れだし胸がいっぱいになった。「ハル」にもアトムが登場するが、私は、手塚治虫の描く、人間とロボットの共存する世界が大好きだ。
浦沢直樹の「PLUTO」も、手塚治虫が原点であるからだろうか。同じ感覚を感じる。いやそれ以上か。人間とロボットの暮らす日常が、とても自然だ。
また、アトムやウラン、そのほかのロボット達も、手塚治虫の描いたものと随分違って、人間と変わらぬ外観であるにもかかわらず、違和感がない。
私が望む、夢見る未来が描かれているのだ。興奮しない訳がない。


3巻では、プルートゥの姿か少し明らかになるが、謎はまだまだ多い。
3巻を読み終えてから、手塚治虫の原作との相違点が気になり、「地上最大のロボット」を読み返した。さらに、「PLUTO」を1巻から3巻まで読んだ。
原作との比較を楽しんだり、ちりばめられた謎を考察するのも面白いが、先が気になる(苦)
終わるまでに何年かかるんだろう・・・。待ちくたびれそうだ・・・。

テーマ : 感想
ジャンル : アニメ・コミック

「DEATH NOTE (9)」大場 つぐみ 小畑 健

DEATH NOTE (9)
大場 つぐみ 小畑 健
408873887Xついに9巻!
キラは悪だけど、完全に否定できないのは私も。
でも、このままだと、月(ライト)の周りの人間が死んでいくのは間違いないよね・・・。
それにしても、月(ライト)はどんどん悪くなってるよね。あの涙も本物なのだろうか??

漫画を読むのは早い方だけど、これ読む時はいつも時間がかかる・・・。ノートの定義とか展開が頭に入ってないと、理解出来ないしね。
ジャンプの連載は読んでないので、早くも次が待ち遠しい!!

テーマ : DEATH NOTE
ジャンル : アニメ・コミック

「もうひとつのMONSTER―The investigative report」

もうひとつのMONSTER―The investigative report
ヴェルナー・ヴェーバー 浦沢 直樹 長崎 尚志
4091852793随分前に購入していたけれど、アニメが終わってから・・・と思い、ようやく読み終えた。
順番としては、漫画→アニメ→もうひとつのMONSTER と目にしたが、また漫画を読み返したくなる。

これを読むと本編のストーリの深みも増すが、謎も増える(苦)
フィクションなのかノンフィクションなのか??とドキドキしながら読めた。
MONSTERファンにはお勧めです。読むべし!

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク