BookBook Blog

0

「宇宙嵐のかなた」ヴァン・ヴォクト

宇宙嵐のかなた
アルフレッド・エルトン ヴァン・ヴォクト A.E. Van Vogt 浅倉 久志
415011563Xヴォクトの作品は’40年~70年位の間に書かれたものが多いので、絶版になっている本が多く、私も持っている蔵書のほとんどが古本屋&オンラインの古本屋で購入。

「宇宙嵐のかなた」は今年5月に復刊したのですが、あえて古い本の方で読みました↓。表紙を見ても分かる通り、ブックカバーをつけないと電車では読めません(>_<) 途中に同じタッチのイラストも盛り込まれているので、レトロな雰囲気を楽しみつつ、コソコソと(-_-)

地球から離れた大星雲での星図作成の大任を果たした宇宙戦艦スター・クラスター号は、その帰途、謎の亜人類の痕跡を発見。女艦長グロリアは、亜人類の惑星の位置をつきとめようとするも、人類との接触をかたくなに拒否する亜人類の抵抗にあう。そんな中、二重思考能力者モルトビーと渡り合ううちに、グロリアの心の変化が・・・。

ヴォクトの作品には、苦難を乗り越えて世界を救い、秩序を保つ超人的ヒーローが多く出てくるが、この作品のモルトビーもそんなタイプ。都合良過ぎるようなところもあるけれど、それが嫌味ではなく痛快。また、グロリアはワガママで自己チュー気味な女王様タイプであるが、そんな彼女の心情の変化も面白い。

大宇宙を舞台にしたスケールの大きい話しではあるが、登場人物が魅力的でプロットもしっかりしているので、話しが広がり過ぎず、うまくまとまっていて安心して読む事が出来るのもいい。

しかし、このSF作家をこのままにしておくのは惜しい。多くの人の目に触れるように、他の作品も復刊して欲しいものだ。

2

「日本沈没」小松左京

日本沈没 上 小学館文庫 こ 11-1
日本沈没 下 小学館文庫 こ 11-2
日本沈没 上    小学館文庫 こ 11-1日本沈没 下    小学館文庫 こ 11-2

小松左京は高校生の頃から大好きで、読んで集めているが、何故か「日本沈没」を読んだ事が無かった事を、映画化のニュースを知った時に気付いた。なんで読んでないんだろうなーと思っていたんだけど、先日、本棚の整理をしていたところ、双葉社の「日本沈没(上)」が出てきた。上巻だけ・・・。うちにある小松左京の本のほとんどが古本なので、おそらく古本屋で上巻だけ買って、下巻も揃えたら読もう・・・とでも思っていたのだろう。

で、改めて、小学館から出版された上下巻を揃えた。

さて。映画を見てから読むか。読んでから映画を見るか。
好きな作家が原作の映画を見る時、ガッカリする事が多い。それは、既に原作を読んで、自分の中のイメージが出来上がっている事や、過度な期待をしてしまう為なので、今回はあえて原作を読まずに先に映画を見に行った。
映画の感想についてはこちら。

映画は原作を読んでいない事で、素直に受け止める事が出来て、まぁ満足出来た。
そして、原作を読みはじめたが、うーん。やっぱり小松左京は偉大だ。映像で見る日本の沈む様子、人々の逃げ惑う姿も迫力があり、恐怖感を覚えたが、文章から伝わってくるそれは、映画を超えた戦慄が走るものだった。今ですらそう感じるのに、発売された当時('73年)どれだけ人々に衝撃を与えたのか。この小説がベストセラーになり、映画がヒットしたと言う理由がようやく分かった気がする。


日本ふるさと沈没
鶴田 謙二 他
4197701322併せてこちらもお勧め。

豪華な(ちょっとマニアックな)漫画家さんたちが描く「日本沈没」。パロディやなんだか分かりにくいノリのものもあるので、賛否両論でしょう。原作または映画を知らないと、面白みが分からないと思います。
私はグダグダな雰囲気や、バカバカしさが結構好きです。とり・みき氏の作品が一番お気に入り♪大笑いしちゃいました。

0

「いけちゃんとぼく」「パーマネント野ばら」西原理恵子

いけちゃんとぼく / パーマネント野ばら
いけちゃんとぼくパーマネント野ばら

西原さんの作品は、旦那の影響・・・と言うか、自宅にたくさん揃っているので読むようになったんだけど、フルカラーの絵本タイプの作品が好き。最近発売されたこの2冊、グッときました。

西原さんって毒舌で、ハチャメチャなイメージがあるけど、知らない人が読んだらイメージ変わるかもしれないくらい素敵な作品です。

忘れていた子供の頃の自分や、見ていた風景なんかを思い出して、切なくなる。でも、しんみりするだけじゃなく、ゲラゲラ笑えたり、ホッコリと暖かい気持ちになれたり。子供心を忘れてしまった、疲れた大人にお勧めな感じです。

他の作品も含めて、西原さんって自分の中にあるものを、ストレートに表現する、表現できるひとなんだろうな。だから、こんなに心に響いてくるんだろうと思う。

0

「こもれ陽の下で…」北条司

こもれ陽の下で… (第1幕)こもれ陽の下で… (第2幕)こもれ陽の下で… (第3幕)
こもれ陽の下で… (第1幕)こもれ陽の下で… (第2幕)こもれ陽の下で… (第3幕)

北条司と言えば、「キャッツアイ」「シティーハンター」、現在連載されている「エンジェル・ハート」で有名な漫画家サンですが、この作品ご存知ですか? '90年代前半に週刊少年ジャンプで連載されていた作品です。

植物と心を通わせる不思議な力を持つ、少女サラの物語。
忙しい日々に追われていると、季節の移り変わりを感じる暇もなく、美しい自然が目に入らない事がありますよね。この漫画を読むと、ゆっくりと歩きながら、木々や花を楽しみたいな、と言う気持ちになります。

特別大好きな漫画家サンと言うわけではないけれど、とにかく絵がウマいので、眺めているだけでもいい。短編集もお勧めです。

桜の花の咲くころ少年たちのいた夏―Melody of Jemmy北条司短編集―天使の贈りもの

該当の記事は見つかりませんでした。