「オキーフの恋人 オズワルドの追憶」辻 仁成

オキーフの恋人 オズワルドの追憶〈上〉 (新潮文庫)オキーフの恋人 オズワルドの追憶〈下〉 (新潮文庫)
2つの作品が次第にリンクしながら物語が展開していく。「オキーフの恋人」は、作家の謎の失踪に端を発し、編集者が事件に巻き込まれていく現実?で、「オズワルドの追憶」は、その作家が連載している小説。大手証券会社をリストラされて探偵を始めた男が、下北沢を舞台に様々な事件に巻き込まれていく話しなんだけど、それぞれがねじれて何が小説の中の出来事で、何が現実なのか混乱しながらラストに向かってゆく。

辻さんのハードボイルドサスペンスな小説は初めてかな?正確に言うとハードボイルドサスペンス小説ではないけれど。
ちょっと見てはいけない世界を覗き見てしまったかのような、薄暗く荒々しさを感じる世界。どんでん返しに驚く間もなく次から次へと展開していくのて、上下巻のボリュームも物足りないほど濃ぃ~内容。辻さんに今までとは違った畏怖を感じた。


感想を書く前に、他の方のブックレビューを何件か拝見したんだけど、なんだか評判がいまいちな気が。村上春樹っぽいとか、ゴチャゴチャしていて設定にムリがあるとか。
村上春樹は2冊くらいしか読んだ事ないから分からないけど、、それ言ったら村上春樹は○○っぽいとかって話しになるし、比較なんてナンセンス。まぁ、設定にムリがあるって言うのはネタバレになるので詳しく書かないけど、現代の科学?医学?でどこまで解明しているのか操作出来るのかの方が気になった。

辻さんの小説は言葉は、時々しか表に表れない私の昔の記憶を擽る。
それが心地よい時もあるし、不快な事もあるが、読む事はやめられない。

「ルネッサンス (コミック) 」

ルネッサンス
Christian Volckman 松岡 葉子
4796870385映画「ルネッサンス」http://www.renaissance-movie.net/ のグラフィックノベル。映画の感想はブログ参照。

日本語公式サイト内にグッズとしてこれが紹介されていて、映画を見る前から欲しくて欲しくて仕方なかった一品。
映画を見に行ったその夜に読んだんだけど、映画のストーリーが漫画化されていて、『映画を見終わったあと』 に映画を思い出しながら見るにはいいかも。
お値段高めなので、サイズもA4サイズと大きめで高価な絵本…といったところでしょうか。
ジックリ眺めるにはちょっと物足りないかなぁ~。

「毎日かあさん4 出戻り編」西原理恵子

毎日かあさん4 出戻り編
西原理恵子
4620770574旦那が西原さんのファンで、旦那のために新刊が出る度に購入し、ついでに私も読む…って感じだったんだけど、「毎日かあさん」はカラーでサイズも大きめで読みやすいので大好き。

西原漫画でしか見たことのなかった、旦那さまの鴨ちゃんが亡くなったのを知ったのはWEBニュース。漫画ではメタクソ描かれている事もあったけど、本書のラストは号泣…。旦那が死んじゃったらどうしよう…と思ったら涙か止まらなくなって、久々に大泣きしてしまった。

仕事とはいえ、ここまで赤裸々で正直な漫画を描く人はそういない。だからハチャメチャな言動があっても、惹かれるものがあるのだと思う。

西原さんは、逞しくて愛情深い女性。自分にないものをたくさん持ってる方なので、「えー!?そりゃないよ~。信じられない!」って思う事も多々あるけど…ちょっぴり羨ましくも感じている。
スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク