J・G・バラード 死去

4/19 J・G・バラード 78歳 死去。
http://www.ballardian.com/

前立腺がんを患って、闘病中というニュースを聞いていたので、
いつかこんな日が来る事は覚悟していた。

もう、仕事中なのに、涙が出てきてしまう・・・。

最初はSF作家、という事で興味を持って読み始めたが、
ジャンルに括られない、破壊的で美しい描写が、
不快感と共に、脳裏にこびりついて、私を虜にした。

長く読んでいただけに、悲しみも深い。


安らかに・・・。そして、ありがとう。

「世界おしかけ武者修行」椎名誠

世界おしかけ武者修行―海兵棒球始末記〈その2〉 (文春文庫)
椎名 誠
4167334283浮き球三角ベース野球ウ・リーグ、世界へ!
モンゴル、パプアニューギニア、台湾、韓国・・・。

バットとボール(浮き球)があれば、誰とでも仲良くなれちゃうっていうのがステキ。
浮き球の生産地を求めて 台湾や韓国まで行ってしまうのもいやはや。

一生懸命遊んでいる(遊べる)大人って、羨ましいな。
椎名さんたちは、どこでも寝れるし、何でも食べてるけど、私はちょっと・・・虫とか辛いものも駄目だし…。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「スプーク・カントリー」ウィリアム・ギブスン

スプーク・カントリー (海外SFノヴェルズ)
齋藤 浩 岩郷重力(デザイン) 浅倉久志
4152089881待ちに待った・・・というよりも、待つ事すら忘れてしまう程の年月が経っての新刊。期待しないわけがない。

基本的に文庫本しか買わない。文庫になるまで待つ。
通勤中に読むことがほとんどだから、カバンが重くなるのがイヤなの。
が、これは待ってられないでしょ!

発売して直ぐに買って、ようやく読み終えた。


-----カルト的な人気のあったロックバンド「カーヒュー」のヴォーカリストだったホリス・ヘンリーは、バンド解散後、フリーのジャーナリストになっていた。
そんなホリスに、ビゲンドが創刊する新雑誌に取材記事を書いてほしいという依頼がきた。
その取材とは「臨場感アート」と呼ばれるヴァーチャルなモニュメントについて。
取材を始めてから得体の知れない事件に巻き込まれていく・・・


カットバックが繰り返され、次第に絡まりあって最後に・・・っていう、手法大好き!
「臨場感アート」は、ギブスンらしいガジェット。
グーグルやiPodは今の時代にマッチしていて馴染みがあって分かりやすいアイテム。

初期の作品の頃は、先へ先への想像力に自分の脳みそが追いつかず、数年して再読する頃に、時代がギブソンに追いついてやっと理解出来るようになった。
今回は非常に読みやすい。そして、”クール”だ。
読み終わるのが惜しくて、いつまでもこの世界に留まっていたい気分は、久しぶり。

分かりやすいぶん、ラストが少々物足りない感じもしたな。
あっさりし過ぎているというか。
でも、新たなるギブソンワールドもやっぱり好き。


読んでいる時に頭に浮かんだイメージが、実写じゃなくて、アニメというか漫画だった。
大好きなひろき真冬さんに描いてもらったら最高だな~。
これも3部作になるのかしら。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「ナショナル・ストーリー・プロジェクト」ポール オースター

ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈1〉 (新潮文庫)
ポール オースター Paul Auster 柴田 元幸
ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈2〉 (新潮文庫)
ポール オースター Paul Auster 柴田 元幸
41024511104102451129

ラジオ番組でオースターが募集した実話の投稿。
それを番組で朗読したものを、まとめた2冊。
180編近くが収められている。

いくつかのカテゴリに分類されていて、ひとつひとつも短いので、読みやすい。

実話・・・とは言え、ホントにそんな事がありうるのだろうか??と疑いたくなるような小説のような奇妙な話しから、何にもおこらない事を綴った話し、愛だったり死だったりだが根底にあるとグッとくるし、ドタバタのホームドラマのようなオモシロ話まで、実に様々。

オースターの遭遇した不思議な話をまとめた「トゥルー・ストーリーズ」の続きを読んでいるかのような・・・オースターの小説を読んでいるかのような・・・。
2冊の長さでもグイグイ読めて、長く感じなかった。

印象に残っているのは、子供の頃の話しを回想したものや、肉親の話し。
見たことのない風景が懐かしく、胸を締め付けられるようだった。
自分にはこんなステキな実話はないなぁ・・・と最初は思ってたけど、こんなんでいいんだ!と気付いたら、結構思い出すもんだね。忘れてるだけで。

数年経って、自分や自分の周りが変化した時に読んだら、また違った受け止め方が出来るかも。何度でも読み返したい、誰かに薦めたくなる2冊だ。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク