「夢幻会社」J・G・バラード

夢幻会社 (創元SF文庫)
J.G. Ballard 増田 まもる
4488629105J・G・バラードが亡くなって、久しぶりに彼の作品を読んでみようと思った。
これは、初めて読んだ本。記録を調べたら93年。20歳の時だ。

よくもまぁ、これを読んでバラードのファンになったもんだ(笑)

全裸の主人公と、色とりどりに咲き乱れる花々やジャングルのイメージが強烈に印象に残っていて、内容はいまいち覚えてなかった。


「クラッシュ」を彷彿させるエロス描写はあるものの、幻想的な分こちらはソフトだし、なんと言っても楽園に変貌した町の様子が非常に美しい。主人公が全裸でブラブラしていたり、精液が飛び散ったりしても嫌悪感はない。

それにしても・・・
正常に機能していた町が変化していく様は、他の作品にも共通する部分。
普通の暮らしが狂気へと変わり、人々が操られたかのように動き回る姿は、自分自身も魔法にかかってしまったかのような感覚に陥る。バラードマジックだな。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

「ジョン万作の逃亡」椎名 誠

ジョン万作の逃亡 (角川文庫 (5648))
椎名 誠
4041510023短編集。
「悶絶のエビフライライス」「米屋のつくったビアガーデン」「ラジャダムナン・キック」「ブンガク的工事現場」「ジョン万作の逃亡」

最近、椎名さんのエッセイとか普通の小説読んでたので、そんな気分で読み始めたら・・・。
一作目の「悶絶のエビフライライス」で、鼻に割り箸突っ込んだり、目玉えぐったり、気分が悪くなって、途中で読むのをやめた。
どんなにつまらなくても、結構頑張って読破するので、気分が悪くなって読めないなんて、思い出せる限りだと、江戸川乱歩の「蟲」以来だ・・・。

そのあとの作品は、普通に読んだ。
最後にオチとか余韻とかなく「あれ?これで終わり?」っていうブッタ切りのラストが好き。旦那はそれが凄く嫌だって前に言ってたなぁ。

不思議小説から椎名さんに入ったので、こういう話しはなんかホッとするというか、読んでて楽しいな。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

6月の読書メーター

6月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1020ページ

あなたをつくります (創元SF文庫)あなたをつくります (創元SF文庫)
読了日:06月26日 著者:フィリップ・K. ディック
朗読者 (新潮文庫)朗読者 (新潮文庫)
読了日:06月12日 著者:ベルンハルト シュリンク
アルファ系衛星の氏族たち (創元SF文庫)アルファ系衛星の氏族たち (創元SF文庫)
読了日:06月09日 著者:フィリップ・K. ディック

読書メーター


今月はあまり読めなかったな。
7月中旬からの夏の時期は、歩く距離を少なくするため通勤の電車を変える。(定期代が上がるけど)
重たいハードカバーとか読む予定。
スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク