「マイナス・ゼロ」広瀬正

マイナス・ゼロ 広瀬正・小説全集・1 (広瀬正・小説全集) (集英社文庫)
4087463249SF好きといいながら、なぜ今まで手にした事がなかったんだろう!
もちろん名前は知っていて、「いつか買おうリスト」にこの小説も入っていて、時間つぶすために入った本屋で見つけて購入。

タイムトラベルもので…なんて書いてあると、あぁ~って知ったような気になってしまうが、今まで読んだどのタイムトラベルものとも違う。
何が違うって、まず日本人が書いた日本が舞台の物語だからだ。

翻訳SFを読む時は、街の描写や小道具などもなんとなくイメージして、なんとなく雰囲気を楽しむんだけど、過去の自分が生まれてない時代の日本とはいえ、知った地名や親しんできた時代の事が書かれていれば、自然とのめり込み度も強くなり、より深く作品を理解する事が出来るように思う。

戦後の銀座の街並みや町行く人たちの服装、下町の様子など、体験していなくてもノスタルジーを感じる。


もちろんそれだけでなく、脚本もしっかりしており、タイムパラドックスも彼自身の解釈できちんとまとめている。最後に謎が次々と解明していくのだが、同じ過去のシーンを読み直したりしながらジックリと読み終えた。
ディックの辻褄が合わないハチャメチャさも好きだけど、きちんと謎が解けてスッキリすると読後が気持ちいい(笑)

520ページとボリュームがあるにもかかわらず、長さは感じなかった。
早く先が読みたくて、でも読み終えてしまうのは勿体無くてワクワクしながら通勤中の短い時間を楽しむことが出来た。

登場人物もみんないいキャラで、人がいい。
こういう作品こそ、実写映画化したら面白いんじゃないかな!


一度好きになった作家の作品は、とことん読みたくなるのだが、広瀬氏は若くして亡くなっているのか…。
これも含めて復刊されているものが多いので、集めてみようと思う。

8月の読書メーター

8月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:683ページ

父の戦地父の戦地
読了日:08月30日 著者:北原 亞以子
日本細末端真実紀行 (角川文庫)日本細末端真実紀行 (角川文庫)
読了日:08月28日 著者:椎名 誠
新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論新ゴーマニズム宣言SPECIAL靖國論
読了日:08月12日 著者:小林 よしのり

読書メーター
スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク