BookBook Blog

0

「ツィス」広瀬正

ツィス 広瀬正・小説全集・2 (広瀬正・小説全集) (集英社文庫)
広瀬 正
408746346X神奈川で発生したツィス音(二点嬰ハ音 鍵盤で言うと)が絶えず鳴り響くという謎の現象。しだいに東京でも発生し、音が拡大していく…



「マイナス・ゼロ」があまりにも面白かったので、他の作品も読んでみたいと思い購入。

「マイナス・ゼロ」はタイムトラベルで、こちらはパニックSF…と言ってもなんだか緩い空気も流れつつ、古き良き懐かしいSF。服装や家電なんかが昭和。若い子や女の子のノリも昭和。今では使われていない(使えない)差別用語と言われる言葉もバンバン出てくる。

「ゴキゲン!」って流行ってたのか?オイネちゃんの明るいキャラが物語を柔らかくしてくれる。ダサいとか古いって感覚じゃなくて安心して読める。


結末(オチ)にはニヤリとしてしまったが、人によっては「はぁ??これで終わり?」って不満を持つかもしれない。ニヤリと出来て良かった。

内容を知らずに読み始めたんだけど、ツィス音は地震みたいなもんだって。音が酷くなるにつれて生活に支障が出たり、ついには疎開する羽目にもなり、震災後の東京のプチパニックと被る部分もあってゾッとした。

小松左京が読みたくなったんだけど、引っ越し後に地震が来たので本棚を組立てられず、本の入った段ボールも開けておらず、どこに入っているか探すだけで一苦労なので、当分読めないかもしれない。


解説が司馬遼太郎さん!

0

「アイの物語」山本 弘

アイの物語 (角川文庫)
山本 弘
404460116X

人類が衰退し、マシンが君臨する未来。食糧を盗んで逃げる途中、僕は美しい女性型アンドロイドと出会う。戦いの末に捕えられた僕に、アイビスと名乗るそのアンドロイドは、ロボットや人工知能を題材にした6つの物語を、毎日読んで聞かせた。アイビスの真意は何か?なぜマシンは地球を支配するのか?彼女が語る 7番目の物語に、僕の知らなかった真実は隠されていた―機械とヒトの新たな関係を描く、未来の千夜一夜物語。 (「BOOK」データベースより)


Amazonのレビューで高評価の日本SFってことで興味を持ち購入。
結論からいうと、半分くらいまでは夢中になって読んだが、途中から飽きてしまった。アイビスが読み聞かせる機械と人との物語が退屈過ぎるのだ。同じようなテンポでいい話し過ぎる。ラストもやや尻つぼみ。迫力に欠ける。

SF初心者向けかもしれないなぁ。


「詩音が来た日」は介護ロボットの問題を取り扱っている。まぁこんな風に現場でロボットが働けるようになるには時間がかかるだろうが、興味深い。これが一番好きな話しかな。



面白かったら他の作品も読んでみようかと途中まで思ってたけど、読まないと思う。
残念。


濃いぃー海外SFが読みたくなってきた。

該当の記事は見つかりませんでした。