BookBook Blog

0

「あやしい探検隊焚火発見伝」椎名誠

あやしい探検隊焚火発見伝 (小学館文庫)
椎名 誠 林 政明
4094030115久しぶりに椎名さん読んだけど、ほっこりする。

焚き火したりキャンプしたりって子供の頃はやったけど、大人になってからはバーベキューくらいだもの、男同士で火を囲んで酒飲んで上手いもの食べて羨ましい。

高級料理じゃなく普段食べているものでも美味しそうに見える。

油揚げカリカリに焼くのとか、そうめんの料理はやってみたいな。

0

「The Indifference Engine」伊藤 計劃

The Indifference Engine (ハヤカワ文庫JA)
伊藤 計劃 岡和田 晃
4150310602若くして亡くなってしまった彼の作品は数少ないため、何でもいいから読んでみたい。

短編や漫画が収録されている。漫画描いていたのは知らなかった。しかもレベル高い!
彼が映画撮ったりしたら物凄いものが出来たんじゃないかな~なんて考えたり。

改めて思ったけど、やっぱり翻訳ものを読んでいるような感覚になる。
スタイリッシュで新しくカッコいい。でもどこか懐かしい。

友達にあげてしまったので、また買い直して読み直そう。

0

「大震災’95」小松 左京

大震災’95 (河出文庫)
小松 左京
430941124X小松左京の阪神・淡路大震災のルポ。これで鬱になったと聞いていたので、どんなことが起きたのか知りたく思っていたのだけれど、入手しにくい状態で文庫になってやっと読むことが出来た。

3.11を体感したので、余計に当時の様子が伝わってきたのだと思うが、知らずに読んでいたら「大変だったんだな~」と人ごとにしか思えなかったかもしれない。実際、阪神・淡路大震災の時は、今思い起こすと他人事にしか感じてなかったと思う。人間って勝手なもんだね。

時間が経てば風化してしまう。そうならないように心に留めておきたい。これを書いた小松左京の事も。

0

「幻影の書」ポール オースター

幻影の書 (新潮文庫)
ポール オースター Paul Auster
4102451145読み終えてから時間が経ち過ぎてしまって感動が薄れてしまったが、誰かにオースターを勧めるならこの一冊なくらいお勧めしたい。

まるで映画を見ているかのような情景がありありと浮かんでくる物語だった。

息苦しくなるような切なさと苦しさと、人生って思い通りにはいかないもんだよな…って言うのをヒリヒリ感じた。小説内の映画も見てみたい。

該当の記事は見つかりませんでした。