「惑星スタコラ」完結

9月に「惑星スタコラ」 再開まだか ってエントリーを書いたんだけど、今月発売のモーニング2に、12月に2冊コミックスが発売されて完結と告知があった。

完結するまでちゃんと読めるのはもちろん嬉しいんだけど、連載で読みたかったんだよね。休載中で連載に向けて執筆中っていうから楽しみにしてたのに。コミックスで読むのとはまた違うんだよ。楽しみにしながら毎月読むのは。

連載向きじゃなかったのかな。嬉しいような悲しいような複雑な気持ち。

「予告された殺人の記録」G. ガルシア=マルケス

予告された殺人の記録 (新潮文庫)
G. ガルシア=マルケス 野谷 文昭
4102052119「百年の孤独」を読んでみたいと思ってはいたものの、知らない作家の分厚い小説をいきなり読む(買う)のを躊躇していた。本好きのお友達にこちらの本を勧められて、これ読んでOKだったら「百年の孤独」にチャレンジしてみようと読んでみた。

タイトルそのまま。予告されていた殺人が何故起きたのかを淡々と追っているだけなのに、グイグイ惹きつけられた。本物の文学ってこういうものなのだろうか。登場人物の多さや家族だと名前が似ているので混乱したが、何故?が腑に落ちる内容。殺害されるシーンやそのあとしばらく生きていたサンティアゴ・ナサールが徘徊している様子など、グロいシーンではあるがそれよりも戦慄が走るような目が離せない迫力があった。

読み終わった後の満足感と唸る感覚。
「百年の孤独」を読むのが楽しみになってきた!

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

「火星の人」アンディ・ウィアー

火星の人 (ハヤカワ文庫SF)
アンディ・ウィアー 小野田和子
4150119716口コミや売れ行きなどを見ていて興味はあったんだけど、知らない作家で購入するのをためらっていた。文庫なのに1000円以上するし。

本好きで好みが合う友人が勧めてくれて、背中を押されて購入。

非常にテンポも良く、文体もユーモアがあり専門用語があっても読みやすく期待以上に面白かった!一難去ってまた一難。ピンチを切り抜けていくのが、超人的な力や魔法ではなく、科学の力(運もあるだろう)。彼の行った事例が実際に成功可能かどうかはともかく、非現実的過ぎないリアルな感じが今の時代にも合うのだろうと思う。

火星人も出てこない現実的な火星での生活。ちょうど今朝見たニュースで、NASAが2030年代に火星に建設する宇宙飛行士用の居住施設の設計コンペを行い、日本人の作品が選ばれたと。火星に人類が降り立つ日も遠くない!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151013-00000003-asahi-int

SFに偏見がある人や興味がない人に読んでもらいたいな。小難しくなく久しぶりに爽快に楽しめた読書だった。

テーマ : SF小説
ジャンル : 本・雑誌

2015年9月の読書メーター

2015年9月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:471ページ
ナイス数:0ナイス

ノモンハンの夏 (文春文庫)ノモンハンの夏 (文春文庫)
読了日:9月26日 著者:半藤一利

読書メーター

古本

子供の頃から古本屋が好き。古着は苦手だけど、古本の匂いや汚れは気にならない、むしろ好き。うちにある本の80パーセントくらいは古本だと思う。自分が読みたい本が本屋に置いてないので、古本屋や古本市で宝物を探すように見て回るのが好きだった。

時が立ち、わざわざ本屋、古本屋に行かなくてもネットでピンポイントで欲しい本が買えるようになった。良く利用しているのはアマゾンの古本屋。複数の出品者の中から好きな状態の本が選べるのがいい。汚くても全然平気だけど、「良い」くらいのものを選ぶ。本の値段が1円だと送料の方が高くなるけど(笑)

先日、何冊かアマゾンで購入。2冊以上買うと1冊分の送料が返金されると言うお店があり2冊購入。どういう返金の仕方なのかと思ったら、アマゾンのギフト券で返金分が届いた。

そして商品が届いてビックリ!過剰かと思えるくらいの梱包。そして本に薄紙が巻かれていた。本の手入れもきちんとしていた。色々な古本屋で本を買ってるけど、ここまでしているところはなかなかないと思う。

でも希少価値のある本ならともかく、1冊何百円の本にそこまでするのは本来は必要ないと思う。包装代だって数がかさめばバカにならないだろうし。本に対する愛情なのかなぁ~と勝手に思って嬉しくなった。欲しい本があればまた利用したい。


自宅にある古本がこれ以上痛まないようにグラシン紙をかけてる。BIBLIOPHILICで販売している。以前はアマゾンでも枚数が少ないのを取り扱ってたんだけど。店舗でも購入できる。
http://diskunion.net/bibliophilic/ct/detail/BIB-GCB-150
スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク