「増補 夢の遠近法: 初期作品選 」山尾 悠子

増補 夢の遠近法: 初期作品選 (ちくま文庫)
山尾 悠子
4480432221本との出合いは不思議なものだ。

好きなミュージシャンが読んでいて彼が読んでるから…とディックやギブスンを読み始めてSFにハマッたのが高校生の時。私には意味が分からなかったけど、貴方なら好きそうと本好きの友達に薦められたポール・オースター。別の本好きの友達に薦められた椎名誠。冒険好きのオッサンかと思ったら、SF大好きな不思議小説を書く素敵なオジサマだった。サイン会にまで行ってしまった。

関連する作家を辿って好きになる事もある。山尾さんとの出会いも引き寄せられたとしか言いようがないものだった。しばらく放置していた「小松左京マガジン」で間瀬純子さんの作品を読んで衝撃を受け、出版されている作品はないか調べていたところ、山尾悠子さんに出会った。

初めて読んだ「ラピスラズリ」。
なんて幻想的で美しい作品なんだろう。一目惚れ。

しかも私は運がいい。彼女は30~40年前に活躍した作家。2000年を過ぎてから作品集が出たり文庫化されたりしている。しかし古いものは高額なものが多い。

「ラピスラズリ」の文庫本は2012年に発売されて、「増補 夢の遠近法 初期作品選」は2014年に文庫本で出てるので読むことが出来た。この作品集、読み終わるのが勿体無いというよりも、ジックリ噛み締めるように味わいたくて、読むのに時間がかかってしまった。濃縮された素晴らしい作品たち。幻想小説に分類されるようだが、幾何学な絵画や中世の不思議な絵画を眺めているような感覚。

私が読んだことのある作家の中では、安部公房や佐藤亜紀に近いが、近いが全く別物だ。

感想を書きたいのに気持ちを表現するのに適切な言葉が見つからない。彼女の作品のレビューを見ていると、同じ気持ちの人たちが多くて嬉しい。彼らとは友達になれてしまうんじゃないかと思ってしまう(笑)

収録作品の中でお気に入りは最初の「夢の棲む街」、「遠近法」、「パラス・アテネ」かな。「遠近法」を読んでボルヘスの「バベルの図書館」読みたくなった。巻末の「自作解説」もまたいい。情報が少ない方なので、ご本人の解説があるんなんてたまらん。

彼女の作品なら高額でも読みたいと思ってしまう。どの作品も独自の色があってひんやりと美しい。

収録作品
「夢の棲む街」
「月蝕」
「ムーンゲイト」
「遠近法」
腸詰宇宙。世界観が面白い。小説の映像化よりも絵画で表現されたら素晴らしいと思う。
「パラス・アテネ」
映像が目に浮かぶような言葉たち。狼や土地神など古い風習のように見えてサスペンスぽかったり、赤い繭なんて美しいイメージがあったり。
「童話・支那風小夜曲集」
「透明族に関するエスキス」
「私はその男にハンザ街で出会った」
「傳説」
「遠近法・補遺」
「月齢」
「眠れる美女」
「天使論」


色々調べていたら、こんなページを見つけたのだけれど、手に入らなくなってる「角砂糖の日」が復刊されるのかな?
http://www.librairie6.com/exhibitions.html
12月企画 山尾悠子「角砂糖の日」出版記念展

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

2016年3月の読書メーター

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:128ページ
ナイス数:0ナイス

多肉植物 (NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 )多肉植物 (NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 )
読了日:3月1日 著者:長田研

読書メーター


3月は全然時間に余裕がなくて本が読めてない。
山尾悠子さんの「増補 夢の遠近法: 初期作品選」を読んでるんだけど、ここ数年で一番かもしれないお気に入り本。
夢を見ているような古くて謎めいた絵画を言葉にしたような、不思議な世界観。高額だけど(1万弱!)「山尾悠子作品集成」が欲しい。1万出しても惜しくないと思える作家なんて、そうそういない。他の人たちのレビューを見ていても、共感しまくりでこの人の作品の良さがちゃんと分かる人が沢山いるんだ、と嬉しくなる。

SFでもなくファンタジーでもない幻想文学。魅了されている途中。
スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク