BookBook Blog

0

「見知らぬ明日」小松 左京

見知らぬ明日 (ケイブンシャ文庫)
小松 左京
476691001X久しぶりに小松左京の長編を読んだ。やっぱり面白い。

中国の奥地で何かが起きていて、戦争?内戦?と思ったら、宇宙人からの攻撃で、世界中に飛び火し、どうなっちゃうんだろう・・・って話し。

地球上の武器で太刀打ちできない相手だったら、あっという間に地球を侵略出来てしまいそうなのに、結構地味に攻撃しているとか、主人公の新聞記者が家庭をほっぽらかしで浮気したり、仕事に逃げているのは古い設定のように感じて、ちょっと突っ込みたくなるところもあったけど、細かいことはさておき、国同士の政治的なやりとりなんかは、先日読んだ「悪夢の並行世界」のような駆け引きが面白いし(リアリティが薄く古臭い事も含めて)、宇宙人の侵略ってテーマがあるのに、宇宙人については多く語られていないというのも面白い。

アンハッピーなのか、一発逆転があるのか・・・?!な終わり方も後味があって好きだし、大がかりなテーマーを細かいところまで緻密に描いているのはさすがだ。

久しぶりに読んだ小松左京の長編が結構面白かったので、続けて長編の再読に挑もう。

ちょっと調べたら、2000年に角川版の「見知らぬ明日」を読んでいた。全然覚えてなかったなぁ。ちなみに今回はハルキ文庫版。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/110-056e6c2d
『見知らぬ明日』
小松左京 『見知らぬ明日』(角川文庫)、読了。 小松左京の長編ものはやっぱり面白いなぁと実感させてくれる作品でした。 本作は、たまた...