「99才まで生きたあかんぼう」辻 仁成


99才まで生きたあかんぼう
辻 仁成
4087462641 99才まで生きたあかんぼう
左側が文庫本、右側が単行本。
文庫化されて購入したのだけれど、単行本の表紙のイラストが印象に残っていたので、ずいぶんと違うイメージになってしまって残念。このイラストと内容がとても良くあっているのに。

1人の男が生を受け、99才で亡くなるまでを、1才ごと2ページの内容で淡々綴ってゆく。1人の男の生涯を書いただけ?と最初は思っていたんだけど、いい意味で裏切られた。

人の数だけ人生の物語があり、幸福な時期もあれば、死にたくなるような辛い時期もある。でも、人にせいに世の中のせいにすることなく、自分に真っ直ぐ生きる事が自分自身を幸福にするのだなと感じた。

ホコホコ温かい気持ちにさせられる。読む時の自分の状態でも受け止め方が違うかも。
短い時間で読めるので、また改めて読んでみたい。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク