「ジェイルバード」カート・ヴォネガット

ジェイルバード (ハヤカワ文庫 SF (630))
カート・ヴォネガット 浅倉 久志
4150106304ヴォネガット作品2冊目。たまたま古本市で見つけた。
前回読んだ「スローターハウス5」は、こういうスタイルの作品なんだと思って読んだんだけど、これがヴォネガットのスタイルなんだな。

ウォーターゲート事件の巻き添えをくって囚人(ジェイルバード)となったウォルター・F・スターバックの回想録。
歴史に詳しくないので、現在や過去を行ったり来たりする構成に、どこまでが史実でどこまでが創作なのか分からないけど、背景を知っているともっと理解できるんだろうなぁ。セーラと再会してからは、物語的な要素が強くなって読みやすくなって、グイグイ読み進んだ。

読み慣れるまでは取っつきにくかったけど、面白さが分かってヴォネガットにハマってきた。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク