「ぶらんこ乗り」いしい しんじ

ぶらんこ乗り (新潮文庫)
いしい しんじ
4101069212訳あって、声を失ってしまった弟。ぶらんこが上手で、お話しを作るのが巧く、頭もいい天才。姉である女の子が回想しながら物語が進んでゆく。

いしい しんじさんの作品を初めて読んだのは雑誌「ダヴィンチ」での連載。スゴクいい!って一目惚れしたわけではなく、柔らかい文体なのにブラックな部分もあって、何か心に引っかかるものがあった。

その後、本屋で見つけた「プラネタリウムのふたご」を読んで、いしいワールドに引き込まれてしまった。

ちょっぴり浮世離れした弟の存在さえ、みんなが自然と受け入れている楽しい世界がある一方、不幸な悲しい出来事から目を逸らせない現実を突きつけられたりもする。
優しくてふんわりとした雰囲気があるのに、実際書かれている事はそうじゃなかったりするし、淡々と書かれているようで、衝撃的な急展開を見せたり、ドキドキしっぱなし。

象徴的なことしか書けないけど、ネタバレしちゃうと面白みが半減してしまうので、書かない。是非手にとって読んでみて欲しい。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク