BookBook Blog

0

「いたずらの問題」フィリップ・K・ディック

いたずらの問題 (創元SF文庫)
Philip K. Dick 大森 望
4488696112先日、実家に帰省する時のお供にチョイス。前回読んだのは99年だから9年前。全然内容覚えてなくて、ストレイター大佐の銅像にいたずらを・・・くらいしか記憶になかったので、新鮮な気持ちで読めた。しかも面白くて手が止まらない。最近なかなかそこまでの気持ちにさせてくれる本ってないからね。わくわくしながら読んだ。

これは初期の作品で「ジョーンズの世界」と同じ年に描かれている。調べたら、ディック読むのは今年初で、前回読んだのは去年の12月「ジョーンズの世界」だった。同じ流れは感じる。プロットもしっかりしてるし、激しく脱線してしまうこともなくラストもハッピーエンド。それはそれで面白いけど、ハチャメチャなディックも読みたくなるな。

自分がいる世界とは別の世界があって、そこで暮らすことも可能だけど制約の中で生きるのか、自由だけど何もないような地で暮らすのがいいのか。自分が夢遊病者のように知らぬ間に何かしでかしたりしていても気づいてないんじゃないかとか、読後に空想して楽しむひと時が幸せ♪

苦悩し振り回され、でも自分で道を開いて解決しようとする主人公のアレンは、ディック作品の中ではまともな人間に見える。妻の方が臆病で薬なしじゃ精神を保てない弱さがあってディックワールドの住人っぽい。

なんにしてもディックはやっぱり最高だ!何度読んでも何を読んでも最高に面白い。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/118-9ce95e2b