BookBook Blog

0

「菜の花物語」椎名誠

菜の花物語 (集英社文庫)
椎名 誠
4087496384エッセイかと思ったらフィクションのようなノンフィクションのようなシミジミした小説。
怒ってたり、あちこち旅行されてバタバタしたエッセイとは違って、柔らかな視線でフワフワ優しい気持ちになれる(エッセイも好きだけど)。

あとがきによると、実在の人物をモデルにしたモノガタリらしい。
奥様へのプロポーズの言葉なんて、椎名さんらしくて素敵。お義母さんが亡くなった時の話しとか、奥様が仕事を辞められて、チベットに旅立った時のこととか、ハッキリ書かれているわけではないけど、静かな深い愛情を感じる。見知らぬ人からの手紙に導かれて思わず出かけてしまったり、食事に招かれて自宅でごちそうになっちゃったり、自然体な感じもいい。

最近は椎名さんのエッセイを読むことが増えたけど、たまには小説も読みたいな。

■他に最近読んだ椎名さんのエッセイ■
モンパの木の下で (文春文庫)
椎名 誠
4167334089
地球の裏のマヨネーズ (文春文庫)
椎名 誠
4167334267

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/124-dae75cd1