「デカルトの密室」瀬名 秀明

デカルトの密室 (新潮文庫 せ 9-6)
瀬名 秀明
4101214360やっと読み終わった…というのが正直最初の感想。
分かりにくいシーンを読み返したり、考え込んだり。
更に、ボリュームがあるのはさることながら専門的な概念や用語が多く、読み飛ばし気味で、楽しさ、理解が薄まってしまった。

難解だけど面白いと感じるグレッグ・イーガンとはまた違った、分かりそうでやっぱり難しくて分からない難解さ。

同じロボットモノなら、瀬名さんの「ハル」が、生涯読んだ本ベスト10に入るくらい素晴らしかったので、同著も期待していただけに、残念。

でも、ロボットと人間の共存する世界観は好き。
ロボットのケンイチ君の葛藤や、対人間との関係とか。
瀬名さんの客観的だけど優しい視線を感じる。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク