BookBook Blog

0

「三崎日和―いしいしんじのごはん日記〈2〉」いしいしんじ

三崎日和―いしいしんじのごはん日記〈2〉
いしい しんじ
4101069271淡々と日々の生活や食事を書き留めているだけなのに、私の日記とは大違い(笑)

三崎のお魚は妄想してしまうくらい美味しそうだし、ご近所付き合いもちゃんとされているし、お仕事ではるばる東京まで出て来られるのも苦ではないように思える。

ムカつく事があっても、いしいさんが書くと全然怒っているように見えないし、毎日せっせと食事をこしらえているのも、私も一応主婦だけど…感心する。

羨ましい暮らしだけれど、真似出来ないなぁ~。
人とは違う感性を持っているから、あのような小説が書けるのだろうな。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/137-d8e954af