「トリツカレ男」いしい しんじ

トリツカレ男 (新潮文庫)
いしい しんじ
4101069239何かに夢中になると、極めてしまうほどそれにハマってしまうジュゼッペ。彼のあだ名が表題の「トリツカレ男」。
いろいろな物にハマっていく様子がテンポ良く書かれていたかと思うと、途中から恋愛模様に。彼がトリツカレてしまったのは、風船売りのペチカ。

ここまでは「ふぅーん」と思いながら読んでいたのだけれど、
そこでこう来たか!という思いがけない展開があって、そのさりげないウマさに感嘆。
童話のように優しくファンタジックな物語で、短いのですぐに読めてしまいます。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク