BookBook Blog

0

「スプーク・カントリー」ウィリアム・ギブスン

スプーク・カントリー (海外SFノヴェルズ)
齋藤 浩 岩郷重力(デザイン) 浅倉久志
4152089881待ちに待った・・・というよりも、待つ事すら忘れてしまう程の年月が経っての新刊。期待しないわけがない。

基本的に文庫本しか買わない。文庫になるまで待つ。
通勤中に読むことがほとんどだから、カバンが重くなるのがイヤなの。
が、これは待ってられないでしょ!

発売して直ぐに買って、ようやく読み終えた。


-----カルト的な人気のあったロックバンド「カーヒュー」のヴォーカリストだったホリス・ヘンリーは、バンド解散後、フリーのジャーナリストになっていた。
そんなホリスに、ビゲンドが創刊する新雑誌に取材記事を書いてほしいという依頼がきた。
その取材とは「臨場感アート」と呼ばれるヴァーチャルなモニュメントについて。
取材を始めてから得体の知れない事件に巻き込まれていく・・・


カットバックが繰り返され、次第に絡まりあって最後に・・・っていう、手法大好き!
「臨場感アート」は、ギブスンらしいガジェット。
グーグルやiPodは今の時代にマッチしていて馴染みがあって分かりやすいアイテム。

初期の作品の頃は、先へ先への想像力に自分の脳みそが追いつかず、数年して再読する頃に、時代がギブソンに追いついてやっと理解出来るようになった。
今回は非常に読みやすい。そして、”クール”だ。
読み終わるのが惜しくて、いつまでもこの世界に留まっていたい気分は、久しぶり。

分かりやすいぶん、ラストが少々物足りない感じもしたな。
あっさりし過ぎているというか。
でも、新たなるギブソンワールドもやっぱり好き。


読んでいる時に頭に浮かんだイメージが、実写じゃなくて、アニメというか漫画だった。
大好きなひろき真冬さんに描いてもらったら最高だな~。
これも3部作になるのかしら。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/144-56e345b3