「その名にちなんで」ジュンパ・ラヒリ

その名にちなんで (新潮文庫)
Jhumpa Lahiri 小川 高義
4102142126以前、旦那のお義父さんから譲り受けた「停電の夜に」を読んで予想外の感銘を受けた。同じ作者の新刊が出ているのを知って先日購入。(「停電の夜に」の感想はこちら。)


インドで生まれ育ち、結婚&夫の仕事でアメリカに住む事になったインド人の夫婦。
それぞれの視点で語られる物語かと思いきや、息子ゴーゴリが生まれると彼の視点が中心となる。成長していき、仕事、結婚と特に大きな事件があるわけでもなく、淡々と語られてゆく。

通勤中に本を読む事が多いんだけど、これは先が気になり自宅でも読んでしまった。
ドキドキハラハラするような物語でもないし、なぜこんなに引き寄せられてしまうのか不思議。

アシマが語る時は、女性・妻の気持ちが分かる。
ガングリーの視点は、子供の頃の自分の思い出が蘇る。

インド人の家族の物語 といっても、舞台が主にアメリカ。
異国で暮らす寂しさや苦労は経験のない私には未知の世界。
それでも、泣きながら逞しく生きていくアシマに共感出来る。

うちは親戚付き合いも薄いので、インド人の濃いぃ付き合いはうんざりしそう(笑)
でも、ちょっぴり羨ましくもあり。

中盤、ショッキングな出来事がある。
会社に向かう電車の中で読んでいて、これから仕事だってのに放心状態に。
誰もがいつかは経験する事だろうけれど・・・。
自分に投影し過ぎてしまい、血の気が引くような、胸が苦しくなるような思いをしてしまった。


あとがきで、これが映画化された事を知った。
映像で彼らの暮らしぶりやインドの様子を見ることが出来ると、また違った感じ方があるだろう。
言葉ではイメージが沸かない部分もあるし。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク