BookBook Blog

0

「バスジャック」三崎亜紀

バスジャック (集英社文庫)
4087463680普段は通勤中に本を読む事が多いんだけど、お出かけしてカフェで本を読むのも好き。

先日買い物に行った時、持ってきた本が読み終わりそうだったので、本屋へ立ち寄った。
前から三崎亜紀の「となり町戦争」を読んでみたかったんだけど、「バスジャック」ともう一冊しか置いてなかったので、こちらを購入。



最初の「二階扉」で、おぉ!面白いじゃん、と思ったが、そのあとがイマイチ・・・かと思いきや、「動物園」と「送りの夏」は話しに入り込めて楽しめた。ショートショートや、ブラックユーモアな話しよりも、ある程度長さがあるストーリーの方が味がある。短いと内容が薄っぺら過ぎて深みが感じられない。あと話し言葉が軽くて鬱陶しい。

長編も読んでみたいけれど、夢中になれる作家にはならないかな。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/188-8da876ab