BookBook Blog

0

「カフカ・セレクション 3」フランツ・カフカ

カフカ・セレクション〈3〉異形/寓意 (ちくま文庫)
平野 嘉彦
4480424539「カフカ・セレクション」最後の「異形・寓意」編。

前半の短編がどれもこれも面白い。
「それはハゲタカで」「雑種」「夕方帰宅してみると」「ジャッカルとアラビア人」「その村はターミュルといった」がお気に入り。明らかに普通の状態じゃないんだけど、それを受け入れて不便を感じながらも生活している様子が滑稽でいじらしい。

「歌姫ヨゼフィーヌ、あるいは鼠の族」「いかに私の生活は変化したことか」淡々と淡々と語られるので、一瞬、退屈で読み飛ばしたくなる。が、2で読んだ「巣造り」のように読み進めているうちに虜になってしまう。


最後に収録されている「変身」。おそらく初めて読んだカフカはこれだと思うし、何度も読んでいるはずだけれど、新鮮な気持ちで読むことが出来た。前はザムザが巨大な虫になってしまった事ばかりに興味がいっていたと思うが、家族の優しさやザムザの家族に対する愛情が切なく美しい。


3巻読み終えたが、断片ですらカフカの紡ぎ出す言葉は美しく引き込まれてしまう。ということを再認識した。
短編には短編の、長編には長編の魅力がそれぞれあるが、走り書きのような言葉でも私にとっては宝物のような言葉。
ちくまには感謝、感謝。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/194-b9e02f03