「本邦東西朝縁起覚書」小松左京

本邦東西朝縁起覚書 (徳間文庫)


久しぶりの小松左京。やはり面白い。時を経ても色褪せない。7編収録。

「召集令状」「二〇一〇年八月一五日」の戦争モノは、戦争を体験したからこそ書けるであろう、ヒンヤリとした恐怖を感じる。

「新趣向」この手の話しはどこかで読んだことがあるようなモノが多い。自分達はドラマの登場人物であったり、作られて操られているだけの存在だったり。

「HE・BEA計画」「極冠作戦」この本は、1973年に早川書房から出版されてものを文庫化してるんだけど、私が生まれた年に出版された作品の内容が、環境汚染とか戦争についてで、今読んでも変わらない危機感を感じる。

「卑弥呼」「本邦東西朝縁起覚書」歴史が苦手なので史実との違いも良く分からないし、難しい部分もあるけれど、それでも面白く読めた。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク