BookBook Blog

0

「大槻ケンヂが語る江戸川乱歩 私のこだわり人物伝」大槻 ケンヂ 江戸川 乱歩

大槻ケンヂが語る江戸川乱歩 私のこだわり人物伝 (角川文庫)
大槻 ケンヂ 江戸川 乱歩
4041847214大槻ケンヂが江戸川乱歩の作品について語るだけのものかと思いきや、「鏡地獄」「押絵と旅する男」「踊る一寸法師」「人でなしの恋」が収録されている。

大槻ケンヂの解説が真面目過ぎて面白みに欠けるが、大ケン&乱歩の入門書としては丁寧でいいかも。




私も例にもれず、小学生の頃にポプラ社の怪人20面相を読んだのが、江戸川乱歩との出会い。あのシリーズは大好きだったなぁ。

そして学生時代に子供向けの作品だけではない事を知り、何冊か背伸びして読んだ。
多感な時期だったので、鬱々とした暗さや狂気に若干影響された記憶もある。
「黒蜥蜴」「陰獣」の映画を見に行って気分が悪くなった事も。

いつだったか。
電車で「蟲」を読んでいた時に、蟲、蟲…の文字に気分が悪くなってしまい、それ以来乱歩の作品が読めなくなってしまった。そして引越しの時に本を全部処分してしまった。

数年後に本屋で短編集を見つけ、読んだ事のない作品があったので何気なしに購入。
トラウマは払拭されて今に至る。


見てはいけないものを覗き見るような感覚や、異常性のある登場人物たちに恐れを抱きながらも魅了されてしまう。あとは大正のレトロな雰囲気がステキだったり。

もう大丈夫だと思うので、そろそろ長編にも挑んでみようか。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/211-2e1b428b