BookBook Blog

0

「ライズ民間警察機構」フィリップ・K. ディック

ライズ民間警察機構―テレポートされざる者・完全版 (創元SF文庫)
フィリップ・K. ディック Phillip K. Dick


何年か前にサンリオの「テレポートされざる者」を読んで、その後に創元社から出た「ライズ民間警察機構」と読み比べた。

あとがきにもあるように、欠落部分の原稿が見つかった完全版といえるもの。
先の「テレポートされざる者」と順序が変わっているので、印象も全く違う。

個人的には初めて読んだ時の衝撃が大きかったので「テレポートされざる者」の方が好きかな。
「ライズ民間警察機構」だと、カオス過ぎて混乱するが最後はキレイにまとまる感じ。
「テレポートされざる者」は、途中でテレポートした先の世界がドーンと出てきて、うわ!やっぱりみんな騙されてた!どうなっちゃうの!?と思って読み進めていくと頭の中が「?」だらけになる。最後は訳がわからないまま終わるっていうのがディックっぽいように思う。

マトソンの目玉とか預言書などのアイテムも最高。

しかし途中から別物になってしまうような滅茶苦茶な作品なのに、この面白さはなんだ!

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/213-2e842ea9