「ライズ民間警察機構」フィリップ・K. ディック

ライズ民間警察機構―テレポートされざる者・完全版 (創元SF文庫)
フィリップ・K. ディック Phillip K. Dick


何年か前にサンリオの「テレポートされざる者」を読んで、その後に創元社から出た「ライズ民間警察機構」と読み比べた。

あとがきにもあるように、欠落部分の原稿が見つかった完全版といえるもの。
先の「テレポートされざる者」と順序が変わっているので、印象も全く違う。

個人的には初めて読んだ時の衝撃が大きかったので「テレポートされざる者」の方が好きかな。
「ライズ民間警察機構」だと、カオス過ぎて混乱するが最後はキレイにまとまる感じ。
「テレポートされざる者」は、途中でテレポートした先の世界がドーンと出てきて、うわ!やっぱりみんな騙されてた!どうなっちゃうの!?と思って読み進めていくと頭の中が「?」だらけになる。最後は訳がわからないまま終わるっていうのがディックっぽいように思う。

マトソンの目玉とか預言書などのアイテムも最高。

しかし途中から別物になってしまうような滅茶苦茶な作品なのに、この面白さはなんだ!

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク