「ティンブクトゥ」ポール・オースター

ティンブクトゥ
ポール・オースター 柴田 元幸
4105217119久し振りのオースター。文庫になるのを待ってた「ティンブクトゥ」。
タイトルの「ティンブクトゥ」は「あの世」の事。なんでこんなタイトルなのか、読み終わった時に「あ、」と気づいた。

ダメダメな飼い主ウィリーとペットの犬のミスター・ボーンズの物語。
もう犬かいる時点でヤバい。

淡々と語るミスター・ボーンズの言葉のリズムに、前に読んだカフカの「カフカ・セレクション」に収録されていた「歌姫ヨゼフィーヌ、あるいは鼠の族」「いかに私の生活は変化したことか」を思い出した。

読後の喜怒哀楽がない。無感動なわけではなく、草原に一輪の花が咲いている風景を眺めているような。悲しいわけでもなく、面白かったーってわけでもなく。

自分が犬になったような気分…にはならないけど、なんだかとても不思議なお話し。
オースターの小説には御伽噺のようなものも多いけど、これもありそうでなさそうな物語。
表紙のワンコも可愛い♪

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク