「夢の逃亡」安部公房

夢の逃亡 (1977年) (新潮文庫)
安部公房の初期の作品。暗くて重いものが多い。読んでると気が滅入ってくる。ページがなかなか進まなかった。

表題の「夢の逃亡」が物語的要素が強くて1番印象に残った。

・牧草 ・異端者の告発 ・名もなき夜のために ・虚構 ・薄明の彷徨 ・夢の逃亡 ・啞むすめ

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク