BookBook Blog

0

「夢の逃亡」安部公房

夢の逃亡 (1977年) (新潮文庫)
安部公房の初期の作品。暗くて重いものが多い。読んでると気が滅入ってくる。ページがなかなか進まなかった。

表題の「夢の逃亡」が物語的要素が強くて1番印象に残った。

・牧草 ・異端者の告発 ・名もなき夜のために ・虚構 ・薄明の彷徨 ・夢の逃亡 ・啞むすめ

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/227-3d5db76f