「ガラパゴスの箱舟」カート ヴォネガット

ガラパゴスの箱舟 (ハヤカワ文庫SF)
カート ヴォネガット Kurt Vonnegut
4150111189
序盤読みにくく、時間がかかってしまった。
「猫のゆりかご」を思い出した。終末的な物語と片付けてしまうには乱暴な言い方かな。

現在過去未来を行ったり来たりする語り。語り手も何者なのか後半にならないと分からない。
しかしひとたび囚われるとその世界にスッポリとハマってしまう。
マンダラックスはディック的なアイテムだなぁ(ディックが影響受けてるんだけど)とか、にこ毛に覆われた赤ん坊ってどんな姿なんだろう。得体のしれない生物、動物も出てくるし。


小さなことに頭を悩ませてるのがバカらしくなってくるね。


テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク