「ユービック」フィリップ・K・ディック

ユービック (ハヤカワ文庫 SF 314)
フィリップ・K・ディック 浅倉 久志
4150103143初めて読んだディックが「ユービック」。20年以上前のことだが、その衝撃は鮮明に覚えている。ページをめくる手が止まらず一気に読んだ。今回3回目の再読。何度読んでも面白いし、読んでいる時の精神状態によって感じ方も違う。
「エントロピー」って言葉を調べたのもこれを読んでだなー。

もっと救いようのないラストかと思っていたけど、綺麗にまとまっていたのが意外だった。過去にも読んでるはずなのに(笑)


半生者と会話するなんて、SFだし…と思っていたけど、そんな遠くない未来に近い事が可能になるかもしれないね。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク