BookBook Blog

0

「ツィス」広瀬正

ツィス 広瀬正・小説全集・2 (広瀬正・小説全集) (集英社文庫)
広瀬 正
408746346X神奈川で発生したツィス音(二点嬰ハ音 鍵盤で言うと)が絶えず鳴り響くという謎の現象。しだいに東京でも発生し、音が拡大していく…



「マイナス・ゼロ」があまりにも面白かったので、他の作品も読んでみたいと思い購入。

「マイナス・ゼロ」はタイムトラベルで、こちらはパニックSF…と言ってもなんだか緩い空気も流れつつ、古き良き懐かしいSF。服装や家電なんかが昭和。若い子や女の子のノリも昭和。今では使われていない(使えない)差別用語と言われる言葉もバンバン出てくる。

「ゴキゲン!」って流行ってたのか?オイネちゃんの明るいキャラが物語を柔らかくしてくれる。ダサいとか古いって感覚じゃなくて安心して読める。


結末(オチ)にはニヤリとしてしまったが、人によっては「はぁ??これで終わり?」って不満を持つかもしれない。ニヤリと出来て良かった。

内容を知らずに読み始めたんだけど、ツィス音は地震みたいなもんだって。音が酷くなるにつれて生活に支障が出たり、ついには疎開する羽目にもなり、震災後の東京のプチパニックと被る部分もあってゾッとした。

小松左京が読みたくなったんだけど、引っ越し後に地震が来たので本棚を組立てられず、本の入った段ボールも開けておらず、どこに入っているか探すだけで一苦労なので、当分読めないかもしれない。


解説が司馬遼太郎さん!

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/242-149536d4