「よろこびの機械」レイ・ブラッドベリ

よろこびの機械 (ハヤカワ文庫 NV 112)
レイ・ブラッドベリ 吉田 誠一
4150401128ブラッドベリの短編集。21作品が収められている。

幻想的で歌うような言葉たち。
見たこともない場所の景色が目に浮かぶような描写。
SFというよりファンタジーですね。

美しい言葉に触れると、心も浄化されるように思う。
表題の「よろこびの機械」、1度読んだ時にはよく分からなかったけど読み返して納得。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク