BookBook Blog

0

「何度でも立ち上がれ―僕の人生、起き上がりこぼし」大谷 晋二郎

何度でも立ち上がれ―僕の人生、起き上がりこぼし (キーステージ21ソーシャルブックス)
大谷 晋二郎
4904933001プロレスラー大谷選手の自伝。
ZERO1が大好きな私は、彼の言葉をプロレス会場やブログ、マスコミを通じて見聞きしているが、この自伝でも飾ることなくそのままのプロレスラー”大谷 晋二郎”がいる。奇麗事じゃない、彼の言葉そのまま。

幼少の頃から成長しプロレスラーを目指していた青年期、そして現在までが語られている。
とにかく熱い。そして常に感謝の心を持ち、エネルギーに満ち溢れている。

現在のプロレス界は団体や選手が多くひしめいているが、景気がいいわけではない。
ZERO1も毎回厳しい客の入りで心配になってしまうほど。そんなZERO1が3月に両国国技館で興行を行った。
正直、ファンでもやめた方がいいんじゃないか…と当日会場に入るまで不安だった。
が、満員のお客さん。そして大いに盛り上がり素晴らしい大会となった。
選手たちが一生懸命チケットを手売りし営業したりしていたと言うが、それだけでなく、大谷選手の人間力に魅かれて応援している人もたくさんいると思う。この本は両国大会の日に会場で購入した。大谷選手のサインがもらえるとの事だったが、長蛇の列を見てサインは諦めた。でもいつか機会があったらサインを入れてもらいたいな。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/247-7c68e80c