「明日泥棒」小松 左京

明日泥棒 (ハルキ文庫)
小松 左京
4894566273「ゴエモンのニッポン日記」は読んだことあったんだけど、これは未読だった。

奇妙ないでたちでオカシな言葉使いのゴエモンが突如現れる。その風貌だけ見ると笑いの要素が強そうな小説に思えるが、その後、すべての音が聞こえなくなる。さらにミサイルや銃などの兵器が使えなくなってしまったり…

内容に時代を感じで古臭く感じる部分もあるが、今読んでも彼が言いたかった事は分かるし、今の時代にこそとも思える。
ゴエモンを登場させることでユーモアでもって柔らかい表現に感じるが、内容は痛烈な社会に対する警告、批判だ。

兵器が使えなくなっても、平和が訪れる訳じゃない。
原始的な戦いになる。争いは収まる事がないのだ。

今の原発もそうだよね。
反原発、原発を即刻止める。では代替の発電は?
初期の計画停電は社会を混乱に陥れた。電気が使えない、制限されると生活に支障が出るのはもちろん、産業にも影響した。


文明の発達とともに失われて行くものも多く、人間の愚かさも昔から変わらない。
どうしたらいいんだろう…

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク