「キン肉マン2世 究極の超人タッグ編 2」ゆでたまご

キン肉マン2世 究極の超人タッグ編 2 (2)
ゆでたまご
4088574532究極の超人タック編が二巻目に突入。
20世紀に万太郎たちがタイムスリップした事で、若かりし頃のキン肉マンやテリー、ロビンの姿がまた見れるのは初代ファンとしては嬉しい!
万太郎やキッドが父親と対面するシーンは意外な展開になってしまったが、感動はあとでのお楽しみか な。

それにしても、ロビンはダンディーで洞察力も素晴らしく愛情に溢れていて、やっぱりカッコいいなー!
次巻ではタックトーナメントが開催されるだろうが、どんなチームが結成されて、どんな闘いを繰り広げてくれるのか楽しみ。

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

留岡さん
私はあまり展開の速度は気になりませんでした。
他の漫画でもそうですが、一気に全巻読む場合はいいんですが、コミックスが発売されて一巻つづ読み集める場合は、先が気になって気になってしょうがないです(苦)

先日、初代キン肉マンを全巻再読して、今は二世を一巻から少しづつ読み返しています。

以前、展開が遅いと書きましたが、
それをこの巻をみて、再度、思いました。
だって、「夢の超人タック編」なら、この巻の中盤で、≪はぐれ悪魔超人≫くらいの参戦が許可されるくらいじゃないんですか?
まあ、1巻は、時間移動などのための説明のための巻で、本編を2巻から、と考えるなら、まだ、この巻では、許せますよね?
スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク