BookBook Blog

0

「子殺し~猪木と新日本プロレスの10年戦争」金沢 克彦

子殺し~猪木と新日本プロレスの10年戦争 (宝島SUGOI文庫)
金沢 克彦
4796669108ずっと気になってて文庫になったので購入。

暴露本とはちょっと違う、あの時裏側では何があったのか?的な話しをつづっている。

橋本vs小川戦、自分の意志とは違うところで巻き込まれたような形で異種格闘技戦を行った永田裕志。長州とヒクソン、長州と大仁田…。大仁田さんの度胸や強引な売り込みは、今振り返ると凄いことだと分かる。長州さんも丸くなっちゃったよなぁ。

永田さんは当時は恥さらし!なんて酷い事を思っていたが、物凄い覚悟で大みそかのリングに上がっていた事が分かり、今さらながらやっぱりプロレスラーは肉体的だけじゃなくハートが強いんだ!と感動。

橋本さんの件も、悪い方悪い方に流れてしまったんだなぁ…とは思うけれど、小川選手との対戦にはガチのにおいがして非常に興奮した事を思い出す。 

プロレスには知らなくていいこともあるけれど、知ることで彼らの強さを改めて痛感する事もあるし、あの90年代は本当に熱かった。今は安定した面白さはあるかもしれないけれど、事件的な事や予想だにしないスキャンダルみたいなのは時代にマッチしてないんだろうな~あまりないよね。団体潰しかねないスキャンダルが話題になったりしたけど…。

現実とファンタジーのはざまが面白いんだよね~。プロレスって。

今でも好きだけど当時のような熱はまた自分には来てないんだ。この本読んで昔を思い出して熱くなった。
昔が良かった~っていうだけじゃなくて、今も楽しみたいからもっともっと熱いの下さい!

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/295-80352a2d