BookBook Blog

0

「日本のいちばん長い日」半藤 一利

決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫)
半藤 一利
4167483157昭和20年8月15日前後の一日を追ったノンフィクション。
玉音放送を阻止するクーデターがあったことをTVドキュメンタリーを見て知った。もっと当時の事を知りたいと思い、この本に出会った。

学生の頃、歴史が嫌いだった。年号や人の名前などを覚えないといけないというプレッシャーや過去の出来事としか受け止められなかったから。太平洋戦争についても、日本は原爆を落とされた被害国、東條は悪い奴という植え付けしかなかった。今は、歴史を知りたくてたまらない。

30歳過ぎてから何故戦争が起きたのか、と言うことに興味を持つようになり色々な映像や書物を目にしてきた。そして40手前にしてこの本に出会い、当時の事を知った。今までこんなに大事なことを今まで知らなかったのかと日本人として恥ずかしくなった。

ポツダム宣言を受諾するにも玉音放送の原稿を作るにもたくさんの人々の思考があり、議論に議論を重ねて和平の道が開かれた。戦争を継続したい人たちの熱い気持ちも分かる、犠牲を増やしたくないという終戦に動いた人たちの気持ちも分かる、天皇のお気持ちも痛いくらい伝わってくる。

登場人物が多いが、非常に読みやすく映像が目に浮かぶドキュメンタリー映画のようだった。偏った描写はなく、事実や文献から時系列で進んでいくので流れも分かりやすかった。

阿南陸相の事も戦争継続したがってる兵隊さんというイメージしかなかったが、国や部下や天皇の事を想うが故の言動であったのだと知った。


歴史を知る上でも勉強になるし、当時の人々の熱い思いも知ることが出来た。
そして日本は平和になったけど、ずいぶん変わってしまったんだなぁ…とも感じた。

もっともっと知りたい。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/309-67432a4f