「昭和16年夏の敗戦」猪瀬 直樹

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)
猪瀬 直樹
4122053307アマゾンのプレビューを読んで興味を持ち購入。

「総力戦研究所」 初めて聞いた言葉だ。日米開戦前に召集されたエリートたちが戦争をしたら…というシミュレーションを行っていた。導き出した結論は日本は負ける…。

しかし、彼らの報告は生かされず戦争は始まってしまう。

こんな風に大事な事柄が流されるように決まってしまうのかと愕然とした。戦争を回避する為の「if」は限りなくあるが、回避したとしてもどんな道があったのかも考えされられる。

猪瀬さんの本は初めて読んだけれど、思っていたよりも分かりやすく読みやすかった。底に潜むような熱い気持が伝わってきた。

この時代の出来事は知れば知るほど興味深く重い。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク