「ガラスの街」ポール オースター

ガラスの街 (新潮文庫)
ポール オースター Paul Auster
4102451153「シティ・オヴ・グラス」が柴田元幸氏の訳で発売されたので、読んでみた。

かなり前に読んだので、あまり内容を覚えていなかったんだけど、少しつづ思い出して…ラストが気になって後半は駆け足で読んでしまった。あぁ、そうだった。詩的な美しさで溶けていくような消え方。

ミステリー、探偵小説として扱われてしまった最初は、どこの出版社にも相手にされなかったそうだ。新し過ぎたのだろう。ミステリーではないもんなぁ。

オースターを読み始めた頃の、言葉に言い表せない感動の気持ちを思い出した。オースターはじっくり読みたいよね。私が好きな作家は生きてる人が少ないので、オースターにはガンガン執筆してもらって、柴田さんにはドンドン翻訳して欲しい。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク