BookBook Blog

2

「PLUTO 3」浦沢 直樹

PLUTO 3―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (3)
浦沢 直樹 手塚 治虫
4091802370好きな漫画はたくさんあるし、お勧めしたい漫画もたくさんあるけれど、こんなに大切にしたい、素晴らしいと思える漫画は初めてかもしれない。

手塚治虫も浦沢直樹も好きな漫画家。
さらに私はSF好きなので、「SF」と呼ばれるものが、映画化したり漫画で描かれる時は、自分の中にある世界観とかみ合わない事が多く、ガッカリする事が少なくない。

先日読んだ、瀬名さんの「ハル」が私の中にあるSFの世界観や感覚に非常に近く、気持ちが溢れだし胸がいっぱいになった。「ハル」にもアトムが登場するが、私は、手塚治虫の描く、人間とロボットの共存する世界が大好きだ。
浦沢直樹の「PLUTO」も、手塚治虫が原点であるからだろうか。同じ感覚を感じる。いやそれ以上か。人間とロボットの暮らす日常が、とても自然だ。
また、アトムやウラン、そのほかのロボット達も、手塚治虫の描いたものと随分違って、人間と変わらぬ外観であるにもかかわらず、違和感がない。
私が望む、夢見る未来が描かれているのだ。興奮しない訳がない。


3巻では、プルートゥの姿か少し明らかになるが、謎はまだまだ多い。
3巻を読み終えてから、手塚治虫の原作との相違点が気になり、「地上最大のロボット」を読み返した。さらに、「PLUTO」を1巻から3巻まで読んだ。
原作との比較を楽しんだり、ちりばめられた謎を考察するのも面白いが、先が気になる(苦)
終わるまでに何年かかるんだろう・・・。待ちくたびれそうだ・・・。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

mari says...""
west32さん
はじめまして。コメントありがとうございます。

確かに、全巻出てから一気に読んだほうがスッキリはするでしょうね。浦沢さんの漫画、ワクワクするので早く読みたいのに、なかなか出ないし(苦)
でも、興味があるようでしたら、是非手に取って欲しいとも思います。どうですか??
2006.07.01 00:51 | URL | #B9A5zm5U [edit]
west32 says...""
プルートは読みたい読みたいと思いながら...そのままです。

こんな風にそそられるブログを拝見すると...........うーん....どこかの漫画喫茶で読もうかな、でもまだまだ続いているのなら、最終巻が出た後の楽しみにしようか??迷います。

あああああ、惹かれます
2006.06.30 22:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/35-77b9dda1