「パーマー・エルドリッチの三つの聖痕」フィリップ・K・ディック

パーマー・エルドリッチの三つの聖痕 (ハヤカワ文庫 SF (590))
フィリップ・K・ディック 浅倉 久志
4150105901「パーキー・パットの日々」を読んで、エルドリッチが読みたいな~と再読。何度読んでも面白い!

悪夢の中からやっと目が覚めたと思ったら、また夢の中…的な恐ろしさ。チューZ恐ろしさ。キャンDなんて目じゃない。

メイヤスンのダメなとこ、女に弱い、精神的に内向きでポジティブのようで脆い。そんな彼はディック作品にありがちな登場人物。パートナーのフューゲイトはありがちな気の強い女性。いい。

後半のグルグルするとこは眩暈がしそうな、でもちょっと体験してみたいような悪夢続き。

エルドリッチは結局、何者なんだろうな~。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク