BookBook Blog

0

「クロエとエンゾー」辻仁成

クロエとエンゾー (小学館文庫)
辻 仁成
409408746X久しぶりに、これぞ辻仁成!って長編を読んだ。

前半はなんか展開読めそうな感じ?と思ってたのに、あれれと言う間に引き込まれた。構成が面白い。何が物語で何がリアルな現在の話しなのか?ちょっとモヤモヤ。最後の第4部は取って付けたような印象。もっとキリっとした締め方が好きだけど、まぁこう言うのもありかな。口コミ調べたけど、あまり評判は良くない(笑)

パリはさすが住んでいるだけあって、情景が目に浮かぶ。島も気持ちのいい風を感じられそう。こんな風に島で生活出来たらいいな。

ただ、クロエとエンゾーが求めう必然が説得力がないような。何でここまで魅かれあうの?と思ってしまった。クロエは悪い女だ~。男を惑わす女なんだね。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/358-21c2ab31