「“真珠湾”の日」半藤 一利

“真珠湾”の日 (文春文庫)
半藤 一利
4167483122毎年夏には戦争関連の本を読んでいる。半藤さんの本は「日本のいちばん長い日」を読んで、非常に読みやすかったので、手にしたんだけど期待を裏切らず読みやすかった。

史実の流れの中に、アメリカ側と日本側の資料を元にした情報と憶測も混ぜた語りは歴史を知る上でも勉強になった。

子供の頃、真珠湾攻撃は成功した奇襲攻撃だと教えられてきた。しかし、結果的には成果を収めたが、そこに至るまで戦争を回避する為の交渉や思惑、”もしも~”な、事が沢山あった事、歴史というのは、複雑で紙一重で変わりうるものだと感じた。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
プロフィール

mari

  • Author:mari
  • 【好きな作家】
    P・K・ディック、J・G・バラード、ウィリアム・ギブソン、小松左京、ポール・オースター、F・カフカ、安部公房 etc…
    【好きな漫画家】
    ひろき真冬、小畑健、ゆでたまご、浦沢直樹、松本零士、手塚治虫、山根和俊、etc…

    ◆日記ブログ
    此処ではない何処か
    ◆多肉植物日記
    多肉を愛して夢を見よ
    ◆私が行ったライブハウス情報
    Live House Note
    ◆スイーツブログ
    Musee du Chocolat
カテゴリ
スポンサードリンク
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク