BookBook Blog

0

「ぼくがカンガルーに出会ったころ」浅倉 久志

ぼくがカンガルーに出会ったころ
浅倉 久志
4336047766ハードカバーは重たいので通勤中には読まないんだけど、以前から買ってあったこれが急に読みたくなって、頑張ってカバンに入れて通勤中に読んだ。テンポ良く、スラスラと読めてしまった。

SFを読み始めた20代の頃は、誰の翻訳だから読みやすくていいとかなんて、考えた事はなかった。
いつしか、この人の名前を良く見るな~、と気付いたくらいで。

浅倉さんの翻訳した作品で一番多く読んだのは、ディックが断トツ。そしてカート・ヴォネガット。読みやすいし、温かみやユーモアを感じる。あとがきを読むのも楽しみだった。

本著は、浅倉さんが手がけた翻訳のあとがき、エッセイなどか収められている。読んだ作品については懐かしく感じるし、作品名や著書名は良く知っているけど読んだ事のない作品は、あらすじやネタばれがあるにもかかわらず、読んでみたくなった。

特にR.A. ラファティの「九百人のお祖母さん」、ポール アンダースン「タウ・ゼロ」は昔から良く目にしていたけれど、読む機会がなかったので、是非読みたい。王道というか、古典SFやオールタイムベストも読みたい。新装版じゃなくて昔の表紙、サイズのがいいな。

浅倉さんが引用について恐縮しているが、「引用」って私は結構好き。自分で知り得ない情報を与えてくれるのはありがたい。海外での評価とか面白いし。しかし、海外に行った事がなかったなんて!びっくり。

お顔も知らない浅倉さんだけど、本を読むたびにこれからも名前は目にするだろう。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/384-960c094c