BookBook Blog

0

「小松左京マガジン 第41巻」

小松左京マガジン 第41巻
小松 左京
4758411735かなり前に買ったんだけど、あまり興味のない記事が多いので手にする機会がなかった。

引っ越しして本が段ボールに詰まったままで、未読の本だけ出してあったんだけど、読む本がなくなってしまい仕方なく?やっと?読み始めた。


「小松左京が聞く大正・昭和の日本大衆文芸を支えた挿絵画家たち」
小松左京の知識の幅広さ、インタビューの上手さもさすが素晴らしい。良く知らない挿絵画家の事も興味がわいた。いくつか挿絵が掲載されていたけれど、吸い込まれそうな迫力と繊細さ。今描く人はいないんだろうなぁ。


「揚羽蝶の島」 間瀬純子
期待せずに読み始めたら引きこまれてしまった。異形コレクションで受賞した作品。
最初は電車と揚羽蝶が出てきて、少女が彩られ、電車で引きづられるように何処かへ運ばれて…

短編映画にしたい!イメージが物凄く湧いてきて、ちょっと気分悪くなりそうなくらいの怪しい美しさとグロテスクさと。決まった作家やジャンルを読む事が多いので、たまに違った作家の作品を読むと面白い。間瀬さんの他の作品も読んでみたいと思ったけど、単独では出してないみたい…

後半は論文みたいなのとか解説とか難しいで、流し読み。

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/387-5752d505