BookBook Blog

0

「モンティニーの狼男爵」佐藤亜紀

モンティニーの狼男爵 (光文社文庫)
佐藤 亜紀
4334732224佐藤亜紀さん、4冊目。前回読んだ「ミノタウルス」が殺戮や強姦などあまり気分のいい内容ではなかったが、こちらはファンタジーと言うかお伽噺のような不思議な味わい。

田舎の男爵がお嫁さんをもらって、はしゃでいたのもつかの間、嫁を寝取られて嫉妬し、悶え、しまいには狼になってしまう…狼?見たまんま狼なのに、周りの人間には男爵が狼になってしまったと分かる。ファンタジーだからね。男爵さんが何だかんだで可愛い。

それぞれのキャラクターも濃く、愛着が沸く。
佐藤亜紀を人に勧めたかったが、好き嫌いよりも取っつきにくいかなぁ~と思ってたけど、これなら勧めたい!

【スポンサードリンク】

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bookbookman.blog20.fc2.com/tb.php/395-1ad40a70